HOME SHOPPING EVENT ATHLETE SHOP E-MAIL
デュアスロン世界選手権2006(カナダ・コーナーブルック)

7月29(土)、30日(日)カナダの東端ニューファンドランド島コーナーブルックでデュアスロン世界選手権に参加してきました。BIKE&HIKEからは高橋千晶さんがエイジの部で出場、大健闘でした。世界の力が分かったので来年の世界戦(ハンガリー)を目指してがんばるそうです。竹内も選手団長&マネジャー&メカニックとしてよい経験をしてきたようです。BIKE&HIKEは今後もデュアスロンのサポートをずっと続けていきたいと思います。竹内自身もエイジとしていつかは出たいなどと言っているようですがまずはダイエットでしょう。
エリート:(MEN)深浦、森、平松、中田(U23)小室、(WEMEN)沢田、篠崎
エイジ:(MEN)齋藤、徳永、品田(WEMEN)高橋
選手団長:竹内
いよいよ出発 時差ボケをとるため早朝ジョギング バイクケースは大きい オープニングセレモニー
外国選手とも仲良しに 入場行進。旗手は女子
代表沢田さんです。
盛大なセレモニーに
感動
レースの受付
バイクはホテル内に
とめてました。
地元の子供たちが
エイドでボランティア
カナダジュニアチャンプ
のお父さん。車乗せて
くれてありがとう。
マーキング、タイミング
ベルトの受付
レース前のガッツポーズ いよいよエイジスタート
高橋さんがんばれ
しっかりとした走り 上りと下りしかないラン
いよいよバイク 雨が降っていたので
カーブは慎重に
長い上りをがんばって
ます。
セカンドランもしっかりと
した走りでした。
感動のゴール! レースが終って外国
選手と握手
エイジ男子がスタート
徳永さんが飛び出す
齋藤さんも5番以内に
入るファーストラン
品田さんもがんばる。 バイクに強い齋藤さん
が疾走!
徳永さんほえる 品田さんも果敢に攻める。
明治の後輩だったんです
ね。
齋藤さん、ゴール! 徳永さんふらふらながら
ゴール!
意識が薄れていって ダウン
仲間と外人選手に
助けられて復活
この晩はエイジだけで
こっそり飲みました。
(エリートの方ごめんな
さい)
コーナーブルックの
夜は更ける
ジュニア男子のスタート
ジュニア女子のスタート
今年はジュニア日本代
表がいなかったので
来年はぜひ。
いよいよエリート女子
スタート。沢田さん、篠崎
さんがんばれ。
篠崎さんランをがんばる 沢田さんバイクでうまく
集団につき、最後まで
切れずにがんばる。
GO! Japanese! セカンドランもしっかりと
した走り。
12位でコール!
おめでとう。
エリート男子スタート
中田さんと森さんが
先頭を引っ張る
深浦さんが少し遅れて
追撃。
先頭集団はベルギーを
中心として早いペース
森さん、中田さんが追い
上げる。
平松さんもその後に続く 中田さん、森さんがフラ
ンスらと一緒にこれから
バイクに移る。
森さん、トランジションで
ちょっと失敗、深浦さん
が追いつく。中田さんは
落車に巻き込まれパンク
で遅れる
先頭集団は大集団となる
森さんは4人のパックで
必死に追いかける
深浦さん、少し遅れだし
追いつけるか
エイジの熱い応援を
うける
平松さん、平田さん、小室
さんらのパックが少し遅れ
て追いかける
準優勝したベルギーの
選手、1分差を難なく
ランで逆転。
ポルトガルの健闘が
他のカテゴリーを含め
結構目立った。
森さん、ねばって日本人
1位(全体で23位)
うれしそうな平松さん。
パンクに泣かされなが
らもレースをまとめた
中田さん。
U23で7位と大健闘した
東北大2年の小室さん。
インカレもがんばって!
調子が最後まで戻らな
かった深浦さん。
来年リベンジを!
お子ちゃま?3人娘。
ぬいぐるみをプレゼント
され大喜び
盛大なエリートの表彰式。日本選手団は来年必ず自分がと誓う。 みんなお疲れ様でした。
夜のパーティではエイジ
の表彰と各国入り乱れ
てのジャージ、Tシャツの
交換で盛り上がりました
2次会はホテルに帰って
もう1杯だけ。

世界遺産のグロスモン
スーン公園へ
キングサーモンがいる
かな。
近海でロブスターが
とれます。晩に美味しい
ロブスターを食べました
来年は5月にハンガリー
でまた会いましょう。


このページのトップへもどる
 
 このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2003-2005 BIKE&HIKE all rights reserved.