MENU

PayPayのキャンペーンは自治体ごとに異なる?仕組みや利用方法をご紹介

PayPayのキャンペーンは自治体ごとに異なる?仕組みや利用方法をご紹介

PayPayでは様々なキャンペーンが実施されています。

その中でも、PayPayのキャンペーンには、自治体ごとに異なる自治体キャンペーンが開催されることがあります。

自治体キャンペーンとは対象の地域ごとに開催されるキャンペーンのことで、対象店舗でPayPayを利用して買い物をすると参加できます。

PayPayで買い物をするだけで、エントリーなどの事前手続きは不要です。

また、自治体キャンペーンは、地域住民だけでなく住民以外の旅行者でも利用できます。

ただし、キャンペーン内容や付与率は自治体によって異なるため、事前に確認しておくようにしましょう。

他にも、実施機関やポイント付与上限なども異なります。

キャンペーンを利用して高額な買い物をする場合は、上限が設けられているため注意が必要です。

キャンペーン対象店でPayPayを利用して買い物をすると、対象のポイントは30日後に通常還元分と合せて付与されます。

今回は、PayPayの自治体キャンペーンについて、現在開催されているキャンペーンや利用方法、注意点について紹介します。

目次

PayPayのキャンペーンを自治体ごとに紹介

  1. 東北地方
  2. 関東地方
  3. 中部地方
  4. 近畿地方
  5. 中国・四国地方

現在開催中または、開催予定のキャンペーンを自治体ごとに紹介します。

なお、九州地方や北海道では現在開催を予定されているキャンペーンはありません。

1.東北地方

東北地方の現在開催中のキャンペーンは、以下の通りです。

  • 岩手県・北上市第5弾

岩手県北上市内の対象店舗でPayPayを利用すると最大20%の付与率でポイントが付与されるキャンペーンです。

  • 山形県・真室川第3弾

山形県最上郡真室川町内の対象店舗でPayPayを利用すると最大10%の付与率でポイントが付与されるキャンペーンです。

  • 山形県・上山市第3弾

山形県上山市内の対象店舗でPayPayを利用すると最大20%の付与率でポイントが付与されるキャンペーンです。

他にも岩手県の大槌町、柴波町、山形県の庄内町、中山町でPayPayキャンペーンが開催される予定です。

2.関東地方

関東地方の現在開催されているキャンペーンは、以下の通りです。

  • 群馬県・大泉町

群馬県邑楽郡大泉町内の対象店舗でPayPayを利用すると最大20%の付与率でポイントが付与されるキャンペーンです。

他にも栃木県の那須塩原市、埼玉県の坂戸市、三郷市、神奈川県の相撲原市、東京都は品川区、練馬区、西東京市、あきる野市でPayPayキャンペーンが開催される予定です。

3.中部地方

中部地方で現在開催されているキャンペーンは、以下の通りです。

  • 愛知県・あま市

愛知県あま市内の対象店舗でPayPayを利用すると最大10%の付与率でポイントが付与されるキャンペーンです。

他にも石川県の七尾市、長野県の小布施町でPayPayキャンペーンが開催される予定です。

4.近畿地方

近畿地方では現在開催されているキャンペーンはありませんが、2024年7月から兵庫県の宝塚市でPayPayキャンペーンが開催される予定です。

5.中国・四国地方

中国・四国地方でも現在開催されているキャンペーンはありませんが、広島県の竹原市と愛媛県の伊予市で2024年6月からPayPayキャンペーンが開催される予定です。

PayPayの自治体キャンペーンの仕組みは?

PayPayの自治体キャンペーンは、自治体内のキャンペーン対象店舗でPayPayを利用するだけで後日利用分のポイントが還元されるという仕組みになっています。

PayPayの自治体キャンペーンは「あなたのまちを応援プロジェクト」という名称で2024年5月以降に再度実施されることが決まりました。

このキャンペーンでは、PayPayが地方自治体と連携して日本全国の地域経済を盛り上げていこうという趣旨で開催されています。

地方自治体は、PayPayを利用することによって商品券などの発行や換え金、印刷などが不要となるメリットがあります。

また、利用者も商品券の購入をするという手間も省けるため、地方自治体も利用者も両方がメリットを得られるキャンペーンとなっています。

だれでも事前にエントリー手続きをする必要なくポイント付与を受けることができます。

PayPayが主催しているキャンペーンとは異なり、国からの交付金などの税金が原資です。

PayPayの自治体キャンペーンを利用する方法

  1. キャンペーンの対象店舗を確認をする
  2. PayPayで買い物をする

PayPayの自治体キャンペーンを利用する方法は、対象店舗でPayPayを使って買い物するだけで参加することができます。

事前エントリーなどは不要で参加できるため、ぜひ検討してみましょう。

1.キャンペーンの対象店舗を確認をする

PayPayの自治体キャンペーンに参加するためには、まず事前準備としてキャンペーン対象店舗の確認をします。

対象店舗は店頭にポスターが掲示されているため、そこから確認しましょう。

他には、PayPayアプリより確認する方法があります。

PayPayアプリの「近くのおトク」を選択して「キャンペーン」をタップします。

対象の地区を選択すると、近くの対象店舗が表示されます。

PayPayカスタマーサポートに自治体キャンペーンの対象店舗を問い合わせても、回答できないため自分で確認するようにしましょう。

2.PayPayで買い物をする

キャンペーン対象店舗で、指定の支払い方法によって買い物をすると、自治体キャンペーンに参加することができます。

指定の支払い方法は、PayPayクレジット、PayPay残高、PayPayポイントです。

上記以外の支払い方法では参加できないため注意しておきましょう。

また、事前エントリーなどは不要です。

キャンペーンのポイント付与率や付与上限は各自治体によって異なります。

複数の自治体でキャンペーンに参加している場合は、それぞれの付与上限までポイントを獲得することができます。

PayPayの自治体キャンペーンに関する注意点

  1. 対象店舗の確認方法に注意
  2. 指定の支払い方法で買い物をする
  3. PayPayピックアップの場合はPayPay残高で支払う
  4. 地元住民の場合は「プレミアム商品券」の方がお得な可能性もある

PayPayの自治体キャンペーンでは、対象店舗を事前に確認することや、指定の支払い方法で買い物をすることなど注意すべき点がいくつかあります。

ここでは、PayPayの自治体キャンペーンに関する注意点を4つ紹介します。

1.対象店舗の確認方法に注意

PayPayの自治体キャンペーンの対象店舗は、PayPayカスタマーサポートセンターに問い合わせてもわかりません。

そのため、自分で確認する必要があります。

対象店舗には、ポスターやリーフレットなどがお店の入り口やレジのところに掲示されているため、確認してみましょう。

また、PayPayアプリから探すこともできます。

PayPayホーム画面の「近くのお店」をタップして「おトク」タブをオンにします。

すると、近くの自治体キャンペーンが開催されている店舗が地図上で表示されるようになります。

2.指定の支払い方法で買い物をする

PayPayの自治体キャンペーンに参加する条件として、指定の支払い方法で買い物をする必要があります。

キャンペーンに参加できる支払い方法は、PayPay残高やヤフーカード、PayPayあと払いの一括払いのみとなります。

その他のクレジットカードはキャンペーンの対象外となるため注意しておきましょう。

キャンペーンに参加する前に、支払い方法の変更をしておくことをお勧めします。

3.PayPayピックアップの場合はPayPay残高で支払う

PayPayピックアップとは、事前にスマホから注文・決済ができる事前注文サービスです。

予約をしておくと、待ち時間なしに商品を受け取ることができるため便利です。

ただし、PayPayピックアップはPayPay残高のみ利用可能で、その他の支払い方法は対象外となるため注意しておきましょう。

4.地元住民の場合は「プレミアム商品券」の方がお得な可能性もある

プレミアム商品券とは、地方自治体が発行している券で、購入金額に応じて割引された価格で買い物をすることができます。

お得度はPayPay自治体キャンペーンよりも上なので、地元住民の人はチェックしてみましょう。

また、プレミアム商品券はPayPayが利用できない店舗でも利用できる場合が多いです。

まとめ

PayPayのキャンペーン内容や付与率などは自治体によって異なります。

PayPayの自治体キャンペーンは、対象店舗でPayPayを利用して買い物をするとポイントが最大30%付与されるキャンペーンです。

PayPayと地方自治体が連携して実施しています。

地方自治体は、商品券などの発行や印刷の手間が省け、利用者も商品券を購入しに出かける手間を省くことができます。

47都道府県で開催されますが、開催期間やポイント付与率はそれぞれの自治体によって異なるため事前に確認しておくようにしましょう。

PayPayの公式サイトやアプリより自治体キャンペーンの情報を確認することができます。

事前にエントリーなどする必要もなく、PayPayで買い物をするだけで参加できるためぜひ利用してみましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ多数のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次