MENU

PayPayキャッシュレス決済の支払い方法|チャージした残高・後払い・クレジットカード

PayPayのキャッシュレス決済には、「チャージした残高から支払う」と「クレジット(旧あと払い)またはクレジットカードから支払う」の2種類があります。

それぞれ、設定方法や上限額に違いがあるため、自分に合った支払い方法を把握することが大切です。

今回は、PayPayキャッシュレス決済の支払い方法について、事前の設定や申し込み、ネットやお店で使うまでの手順を解説していきます。

自分にとって最適な支払い方法を見つけて、PayPayを上手に活用しましょう。

目次

PayPayキャッシュレス決済に設定できる支払い方法

PayPayのキャッシュレス決済には、事前にお金をチャージする残高で支払う方法と、クレジットカードのようにチャージ不要の後払いの2つがあります。

2つのキャッシュレス決済に対応する支払い方法とチャージ手数料、利用上限金額は次の表のとおりです。

支払い方法支払い方法チャージ手数料利用上限金額
チャージした残高銀行口座無料50万円/過去24時間
200万円/過去30日間
クレジット(旧あと払い)無料50万円/過去24時間
200万円/過去30日間
チャージ不要の後払いpaypayカード2万円/過去24時間
5万円/過去30日間
他社クレジットカード本人認証設定済み
2万円/過去24時間
5万円/過去30日間

本人認証未設定
5,000円/過去24時間
5,000円/過去30日間

次の章では、表の「支払い方法」の項目に挙げた4つの支払い方法について、事前の設定と支払いまでの手順を解説していきます。

PayPayの支払い方法1|銀行口座

PayPay残高に銀行口座からチャージするには、事前にチャージに使用する銀行口座を登録し、本人確認を完了する必要があります。

本人確認が完了するまでの時間は、最短当日中~最大5日程度です。

銀行口座の登録と同時にできるので、未完了の場合は口座登録と一緒に済ませてしまいましょう。

ここでは、PayPayに銀行口座を登録し、口座からPayPay残高にチャージするまでの手順を解説します。

PayPayに銀行口座を登録

次の手順に従い、PayPayに銀行口座を登録します。

  1. ホーム画面で「すべて>銀行口座登録」を選択
  2. 登録する銀行を選択して必要事項を入力
  3. 登録内容を確認して「金融機関サイトへ移動する」を選択
  4. 各銀行ごとの手順に従って登録を完了

PayPayの本人確認が完了していれば、銀行口座の登録は最短2分で完了します。

銀行によっては通帳やキャッシュカード、暗証番号、ワンタイムパスワード などの情報が必要となるため、事前に準備しておきましょう。

銀行口座からPayPay残高にチャージ

銀行口座の登録が完了したら、次の手順に従ってPayPay残高にチャージします。

  1. ホーム画面「チャージ」タップ
  2. チャージ金額入力項目の下をタップ
  3. 「チャージ方法の選択」から登録した口座を選択
  4. 金額を入力して「チャージする」タップ

なお、本人確認が完了していれば、銀行口座からチャージした残高は出金可能です。

本人確認が未完了の場合は、口座に出金できません。

PayPayの支払い方法2|クレジット(旧あと払い)

クレジット(旧あと払い)は、PayPayで利用した金額を翌月にまとめて支払うサービスです。

利用するには、アプリから申し込みをして所定の審査に通過しなければなりません。

ここでは、クレジット(旧あと払い)の申し込み手順と、審査通過後に残高にチャージする手順を解説していきます。

クレジット(旧あと払い)に申し込み

以下の手順に従い、クレジット(旧あと払い)に申し込んでください。

  1. ホーム画面「PayPayカード」タップ
  2. 画面の指示に従って申し込み情報を入力
  3. 支払い用銀行口座を登録(未登録の場合)
  4. 最短2分で審査結果の通知

クレジット(旧あと払い)の審査に落ちた場合、一定期間は再申し込みができません。

審査基準は公開されていませんが、安定した収入があるか、他社クレジットカード等の滞納がないかなどがチェックされるようです。

次の審査を通すためにも、収入や借入状況などを見直した上で再申し込みしてください。

クレジット(旧あと払い)からPayPay残高にチャージ

申し込み審査に通過したら、クレジット(旧あと払い)でPayPay残高にチャージできます。

  1. ホーム画面で「チャージ」をタップ
  2. チャージ金額入力項目の下をタップ
  3. 「チャージ方法の選択」からクレジット(旧あと払い)を選択
  4. 金額を入力して「チャージする」タップ

なお、クレジット(旧あと払い)のチャージ限度額は、過去24時間で50万円、過去30日で200万円です。

PayPayの支払い方法3|PayPayカード

PayPayカードは、年会費無料・チャージ不要でクレジット(旧あと払い)が利用できるクレジットカードです。

申し込みをして最短5分の審査に通過すれば、すぐにカードが使えるようになります。

ここでは、PayPayカードの申し込み方法と、支払いに利用する方法を解説していきます。

PayPayカード申込み方法

PayPayカードはアプリから申し込みできますが、Webサイトから申し込むと、新規入会特典として2,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

ここでは、WebサイトからPayPayカードに申し込む方法を紹介します。

なお、申し込みにはYahoo!IDが必要です。Yahoo!IDを持っていない場合は「IDをお持ちでない方」から新規取得してください。

  1. Webサイト「IDをお持ちの方」からYahoo!IDでログイン
  2. 画面の指示に従って必要事項を入力
  3. カードのデザインとブランドを選択
  4. 4桁の暗証番号を設定
  5. 審査に通過したら利用開始

審査に通過したら、オンライン決済専用のバーチャルカードが発行されます。

なお、PayPayカードには、バーチャルカードと街のお店でも使えるリアルカードの2種類があります。

リアルカードの発送には1週間~10日程度かかりますが、バーチャルカードさえあればキャッシュレス決済が利用可能です。

PayPayカードで支払う方法

バーコード支払いの場合、「支払い」タブ画面から支払い用のバーコードを表示させ、決済前にPayPay残高をタップします。

支払い方法の選択画面でクレジット(旧あと払い)を選択すれば、利用代金がPayPayカードから引き落とされます。

スキャン支払いの際も同様に、店舗に掲示のQRコードをスキャンし、PayPay残高をタップしてクレジット(旧あと払い)を選択してください。

PayPayの支払い方法4|他社クレジットカード

PayPayでは、PayPayカード以外の他社クレジットカードで支払うこともできます。

ただし、PayPayは、2025年1月よりPayPayカード以外の他社クレジットカードの連携を終了すると発表しています。

他社クレジットカードを登録する方法

PayPayに他社クレジットカードを登録する方法は以下のとおりです。

  1. ホーム画面「すべて>」タップ
  2. 「管理」項目の「カード追加」選択
  3. カード表面の撮影もしくはカード番号の入力
  4. 画面に従って登録を完了


なお、PayPayに登録できるクレジットカードは、VISA/Mastercard/JCBの3種類です。

アメックスやダイナースなどのクレジットカードは登録できません。

他社クレジットカードで支払う方法

PayPayのキャッシュレス決済の支払い方法を他社クレジットカードに設定する手順は次のとおりです。

  1. アプリ下部「支払う」タップ
  2. QRコード下部の項目をタップ
  3. 支払い方法に登録したクレジットカードを選択
  4. PayPayでキャッシュレス決済する

ちなみに、他社クレジットカードで決済した履歴はPayPay側で確認できません。

クレジットカード会社のマイページや利用明細などで確認してください。

自分に合った支払い方法でPayPayをスマートに使おう

PayPayには様々な支払い方法があり、スタイルや好みに合わせて柔軟な支払いが可能です。

PayPayを利用すれば、より手軽にお買い物やサービスを楽しむことができます。

自分らしい使い方で、シンプルで便利なPayPay生活を送りましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、郵送物なしのクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次