MENU

PayPayにデビットカードは連携できる?登録方法やメリットを解説

PayPayにデビットカードは連携できる?登録方法やメリットを解説

「PayPayにデビットカードは連携できるの?」

「どうやって登録するの?」

「PayPayにデビットカードを登録するメリットはなに?」

PayPayへのデビットカード連携を検討している方のなかには、上記のような悩みを抱えているかもしれません。

この記事では、PayPayにデビットカードは連携できるのかについて詳しく解説します。

また、PayPayにデビットカードを登録する方法やメリットも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

目次

【結論】PayPayにデビットカードは登録できる!

公式ヘルプには記載がないため、本当に使えるのか疑問を抱いている方もいるでしょう。

結論として、PayPayはデビットカードも登録できます。

ただし、PayPayに登録できないケースもあるため注意が必要です。

PayPayに登録できるクレジットカードとは

PayPayでは、すべてのクレジットカードを登録できるわけではありません。

そこでここからはPayPayに登録できるクレジットカードの種類を紹介します。

VISAとMasterCardのみ登録可能

登録できるクレジットカードは、VISAとMasterCardのみです。

American ExpressやJCB、Diners Club Cardは登録できないため注意しましょう。

ただし、PayPayカードであればJCBであっても登録できます。

そもそもPayPayを運営するPayPay株式会社は、ソフトバンクグループの会社です。

PayPayカードはソフトバンクグループから発行されているため、JCBであっても登録できるのです。

ちなみにPayPayではデビットカードも登録できますが、こちらもクレジットカードと同様、登録できるブランドはVISAとMasterCardのみです。

JCBブランドと海外発行カードは登録不可

JCBブランドのほか、海外で発行されたクレジットカードも登録できません。

たとえクレジットカードのブランドがVISAやMasterCardであっても、海外発行のカードであれば登録不可です。

また、本人認証ができないクレジットカードも注意しなければなりません。

本人認証に対応していないカードでも登録できますが、不正利用のリスクがあります。

国内発行のクレジットカードは、手続きを行えば本人認証ができるようになっていることがほとんどです。

そのため、クレジットカードを登録する際、万が一のリスクに備えて本人認証を済ませておくとよいでしょう。 

PayPayにデビットカードを登録するメリット

PayPayにデビットカードを登録するメリットは以下の通りです。

  • ポイント還元がある
  • PayPay残高へのチャージが不要
  • お金の使いすぎを防げる
  • 即時引き落としで家計管理が簡単
  • 持ち歩き不要で不正利用のリスクが小さい

それぞれ詳しく解説します。

ポイント還元がある

デビットカードを登録することで、デビットカードをそのまま利用するよりも受けられるポイント還元がお得です。

PayPayから得られるポイント還元と、デビットカード利用時に得られるポイント還元の二重取りができます。

さらに、デビットカード発行会社のキャンペーンも、PayPayのキャンペーンと併わせて利用できるためよりお得です。

PayPay残高へのチャージが不要

PayPayでは以下2つの方法で支払えます。

  1. 銀行口座やPayPayカードなどからPayPayにチャージしてPayPay残高から支払う
  2. 登録したクレジットカードやデビットカードから支払う

1つ目はチャージしなければならず、手間がかかってしまいますが、2つ目はそのまま支払えるため支払いがスムーズです。

お金の使いすぎを防げる

デビットカードは決済と同時に利用した金額が銀行口座から引き落とされるため、自然と使いすぎを防げます。

頻繁にキャンペーンが実施されているため、PayPayの利用機会が増えてしまうことも少なくありません。

そのため、お金の動きのみに制限したQR決済用のデビットカードと銀行口座を作ることをおすすめします。

前月にお金を使いすぎた場合でも、次の月にお金を銀行口座に入れないことで、使いすぎをコントロールできます。

また支払い金額の上限を細かく設定できるため、不安な方は1日あたり、1ヶ月あたりいくら利用するか設定しておきましょう。

即時引き落としで家計管理が簡単

クレジットカードを登録して利用すると、使った翌月にお金が引き落とされることが多いため「何に、いくら使っているのか」がわかりにくいです。

デビットカードであれば使ったその場で利用金額が銀行口座から引き落とされるため、家計管理がしやすいです。

またデビットカードのまま利用すると「いつ、どこで、いくら使ったか」を把握するためにはレシートを確認する必要があります。

しかし、デビットカードを登録することで、PayPayアプリに利用履歴が残ります。

支払い履歴から1ヶ月で使った合計金額や支払先店舗TOP3などの利用レポートを確認できるため便利です。

持ち歩き不要で不正利用のリスクが小さい

現金派の方がクレジットカードやデビットカードを敬遠する理由として、紛失や盗難のリスクが挙げられます。

一度カードを登録すると、持ち歩かなくてもPayPay上で利用できます。

もし登録したスマートフォンの紛失を心配する方は、PayPayの設定で端末の認証を有効にしておくとよいでしょう。

設定することでセキュリティを強化でき、パスワードやFace IDなどを行わないと支払いができなくなるため安心です。

PayPayにデビットカードを登録する方法

PayPayにデビットカードを登録する方法は以下の通りです。

  1. PayPayアプリのアカウント画面を開く
  2. 「支払い方法の管理」から「クレジットカードを追加」をタップ
  3. デビットカードをカメラで読み取る、またはカード情報を入力

カード情報の入力が完了したら「追加する」をタップして登録完了です。

PayPayのデビットカードに関するよくある質問

PayPayのデビットカードに関するよくある質問は以下の通りです。

  • PayPayにデビットカードを登録するデメリットは?
  • PayPayでのデビットカード利用に向いている人は?
  • PayPayにデビットカードを登録できないのはなぜですか?

それぞれ詳しく解説します。

PayPayにデビットカードを登録するデメリットは?

デメリットは、実施するキャンペーンでの還元率がPayPay残高支払いよりも低いことです。

PayPayに限ったことではありませんが、還元率が1%以上のデビットカードは数えるほどしかありません。

基本的にデビットカードの還元率は0.2〜0.5%と低めです。

そのため、PayPayとデビットカードで得られるポイント還元は、おまけ程度に考えておきましょう。

PayPayでのデビットカード利用に向いている人は?

PayPayでのデビットカード利用に向いている人の特徴は以下の通りです。

  • PayPayを現金と同じ感覚で使いたい人
  • PayPayをスムーズに使いたい人
  • 家計管理を簡単な方法で行いたい人

デビットカードを登録する最大のメリットは、現金と同じ感覚で利用できることです。

チャージ不要ですぐに決済できるため、日々の買い物がより便利になります。

PayPayにデビットカードを登録できないのはなぜですか?

PayPayにデビットカードを登録できない理由は以下の通りです。

  • 入力したデビットカードの番号や有効期限が間違っている
  • デビットカードのセキュリティコードを間違えて入力している
  • カード会社側が何らかの理由で止めている

上記の理由により登録できない可能性が高いため、まずは入力した内容に間違いがないかを確認しましょう。

また、カード会社側の制御で登録できない場合、さまざまな理由がありますが、過去にカードの支払い遅延があると登録できません。

ちなみにカードが登録できない理由を問い合わせをしても教えてもらえません。

PayPayとデビットカードに関するまとめ

今回はPayPayとデビットカードについて解説しました。

PayPayはデビットカードを登録した支払いが可能なスマホ決済サービスです。

チャージ不要で利用できるため、使わなかったPayPay残高がアプリ内に残り続けることがありません。

また、PayPayにデビットカードを登録して利用することでお金の使いすぎを防止でき、家計管理も楽になります。

PayPayにデビットカードを登録して普段のお買い物や家計管理を簡単かつスムーズなものにしましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、クレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次