MENU

PayPayポイントの還元率は?他社アプリとの比較や効率的な貯め方を解説

PayPay決済では、支払いの金額に応じてPayPayポイントが付与されます。通常のポイント還元率は0.5~1.0%です。

しかし、PayPayポイント還元率をよりアップさせる方法があります。

今回は、ポイント還元率の計算方法などをはじめとするPayPayポイント還元率の基本情報や、PayPayポイントの効率的な貯め方を紹介します。

さらに、他社アプリと比較したPayPayポイント還元率の高さについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

PayPayポイント還元率の基本情報

PayPayの支払い方法ごとのポイント還元率を以下の表にまとめました。

支払い方法PayPayポイント還元率
残高払い0.5%
クレジット1.0%
PayPayカード1.0%

PayPay残高で支払った金額200円ごとに、1ポイントのPayPayポイントが付与されます。

クレジット(旧あと払い)やPayPayカードで支払った場合は1.0%です。

さらに、当月に所定の条件をクリアすると、翌月の基本付与率に0.5%追加されます。

なお、ポイント付与のタイミングは決済日の30日後です。

PayPayの還元率を他社アプリと比較

PayPayを含めたQRコード決済サービス各社の還元率は、以下のとおりです。

アプリ還元率提携クレジットカード
PayPay0.5~1.5%PayPayカード
d払い0.5%~1.0%dカード
FamiPay0.5%~2.0%ファミマTカード
LINE Pay0.5%~5.0%Visa LINE Payクレジットカード(P+)
楽天ペイ1.0%~1.5%楽天カード
au Pay0.5%~1.5%au PAYゴールドカード

還元率の最大値は、相性のよい提携クレジットカードと紐づけたときの数値としています。

提携クレジットカードのなかには年会費などが発生するものもあるのに対し、PayPayカードは年会費が永年無料です。

PayPayカードは、年会費などの費用を抑えつつ、ポイントをより多く獲得したい人に向いているといえます。

PayPayポイントの効率的な貯め方

次に、PayPayポイントを効率よく貯める方法を紹介します。PayPayを使いこなして賢くポイントを貯めたい人は、ぜひ試してみてください。

PayPayステップの条件を達成する

PayPayステップの達成条件は、「税込200円以上の支払い30回以上かつ支払額10万円以上であること」です。

当月1日0:00~当月末日23:59までのカウント期間内に条件を達成すると、特典適用期間において、支払い時のポイント還元率が0.5%アップします。

また、対象はPayPayアプリのほか、クレジット(旧あと払い)に利用設定済みのPayPayカードとPayPayカードゴールドの利用分です。

ポイントアップ対象店舗で買い物する

ポイントアップ対象店舗でいつも通り買い物するだけで、PayPayポイントが通常よりも多く貯まります。

ただし、ポイント付与率は+0.5~と店舗によって異なります。

対象店舗は、Yahoo!ショッピング・Yahoo!トラベル・LOHACO by ASKUL・ミニストップなどです。

キャンペーンを利用する

超PayPay祭や自治体によるキャンペーンなど、さまざまなキャンペーンの利用によってポイントをお得に貯めることができます。

気になる人はぜひこちらからチェックしてみてください。

スタンプカードを利用する

PayPayアプリにはスタンプカード機能が備えられています。

アプリ内で対象店舗のスタンプカードを追加しておくと、決済時に自動でスタンプが貯まり、特典でPayPayポイントなどがもらえます。

PayPayクーポンを使用する

PayPayクーポンを事前に取得しておくと、基本付与分に加えて支払い金額に応じたPayPayポイントがもらえ、通常よりも多くポイントが貯められます。

ポイントの付与率は店舗によって異なりますが、なかには5%や10%付与のクーポンもあります。

クーポンの利用方法は、まずPayPayアプリ内でクーポンを獲得します。

次に対象店でPayPay決済すると、クーポンが自動で適用され、特典がもらえるという流れです。

PayPayカードで支払う

PayPayカード・PayPayカードゴールドで決済すると、通常は0.5%のポイント還元率を1.0%に上げることができます。

還元率を理解してPayPayポイントを効率よく貯めよう

PayPayの通常のポイント還元率は0.5~1.0%です。

しかしキャンペーンやクーポンなどを利用することで、PayPayポイントを通常時よりもお得に貯めることができます。

そのほかにも、ポイントアップ対象店舗での買い物やスタンプカードの利用など、PayPayポイントを効率的に貯める方法は多数あります。

クーポンの取得やポイントアップ対象店舗の確認などは、PayPayアプリ内ですべて完結するため、PayPayアプリを今よりもっと使いこなしたい人におすすめです。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、郵送物無しのクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次