MENU

PayPayのチャージ手数料とは?無料でチャージする方法と注意点を解説!

PayPayのチャージ手数料とは?無料でチャージする方法と注意点を解説!

PayPayとは、ソフトバンクとヤフーが提供するスマホ決済サービスです。

スマホ決済サービスの中でも加盟店が多く、比較的便利なサービスです。

チャージ方法も豊富で、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのキャリア決済や銀行口座やPayPayカードからのチャージなどがあります。

どのチャージ方法も手数料無料で利用できますが、キャリア決済のみ2回目以降よりチャージ手数料が発生するため注意が必要です。

よりお得にチャージするには、PayPayカードでのチャージがおすすめです。

PayPayカードを利用することによってより還元率がより高くなります。

今回は、PayPayのチャージ手数料について、無料でチャージする方法を紹介します。

目次

PayPayのチャージ手数料とは?

PayPayのチャージ手数料とは、残高にチャージする際に発生する手数料のことです。基本的にチャージ手数料は無料ですが、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのキャリア決済をする場合、2回目以降よりチャージ金額の2.5%の手数料が発生します。そのため、キャリア決済の場合は注意が必要です。キャリア決済を利用する際は、月のチャージ分を出来る限り1回にまとめてチャージするようにしましょう。

PayPayに無料でチャージする方法

  1. ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージは1度でまとめて行う
  2. 銀行口座からチャージする
  3. PayPayカードからチャージする
  4. セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMを利用してチャージする
  5. Yahoo!フリマ・Yahooオークションの売上金でチャージする
  6. クレジット(旧あと払い)を使ってチャージする

PayPay残高に無料でチャージする方法を6つ紹介します。

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いの場合は、毎月1回目以降手数料無料で2回目以降より手数料が発生してしまうので注意しましょう。

1.ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージは1度でまとめて行う

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いで残高へのチャージを行う場合、毎月1回目は手数料無料ですが、2回目以降よりチャージ金額の2.5%の手数料が発生します。

そのため、手数料を抑えてチャージする場合は毎月のチャージ分を1回にまとめてチャージする必要があります。

2.銀行口座からチャージする

銀行口座からPayPay残高へのチャージを行う場合は手数料無料です。

口座情報をPayPayに事前に登録しておく必要があります。

銀行口座の登録を行うためには本人確認を行っておくようにしましょう。

また、銀行によって詳しい登録方法が異なるので登録の際は注意しておくようにしましょう。

口座情報を登録するためには、まずPayPayアプリの「アカウント」タブ画面で「支払い方法の管理」「チャージ用の銀行口座を追加」を選択して「チャー上口座の追加」画面を開きます。

登録銀行名や支店名、口座番号を入力して「登録手続きをする」をタップします。

その後、銀行のサイトに移動するので内容を確認して同意ボタンを押します。

ワンタイムパスワードを入力して「実行」をタップすると登録完了です。

チャージする際に、登録した銀行を選択すると自動でチャージ金額が引き落とされます。

3.PayPayカードからチャージする

PayPayカードとはPayPay利用者のためのクレジットカードで、PayPayアプリを利用したときのポイント還元率を上げることができます。

PayPayカードは手数料無料で残高にチャージすることができます。

チャージ方法は、すでに持っているPayPayカードで設定する方法と新たにPayPayカードを申し込んで設定する方法の2種類があります。

PayPayカードを申し込むためには、PayPayアプリの「ホーム」タブ内の「後払いを」を選択して利用規約に同意します。

カードデザインを選択して支払に利用する銀行口座を設定するとPayPayカードの発行申請は完了します。

カード情報を確認するためには、PayPayアプリの「ホーム」タブ内の後払いから「カード番号・利用可能額」をタップして確認します。SMS認証が終了するとカード情報の確認が可能です。

PayPayカードを利用して残高にチャージするためには、「ホーム」タブ内の「チャージ」よりクレジットを選択すると設定できます。

4.セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMを利用してチャージする

コンビニのATMでPayPay残高にチャージする場合、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみチャージ可能です。

どちらも24時間365日入金可能でチャージの手数料も無料です。

ATMで「スマートフォンでの取引」をタップした後ATMに表示されているQRコードをPayPayアプリで読み取ります。

その後、お金を入金するとチャージが完了します。

5.Yahoo!フリマ・Yahooオークションの売上金でチャージする

ヤフーオークションやヤクオクでの売上金をそのまま手数料無料でPayPay残高にチャージすることができます。

また、PayPayフリマの売上金をPayPay残高にチャージすることもできます。

ヤフオクの売上金をチャージする場合、ヤフオクサイトの「マイ・オークション」より「Yahoo!かんたん決済受け取り一覧・売上金管理」を選択します。

その後、「PayPayにチャージ」を選択してチャージ金額を入力すると完了します。

6.クレジット(旧あと払い)を使ってチャージする

クレジット(旧あと払い)とは、PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払うことができるチャージ方法です。

通常の残高払いより最大ポイント付与が高いのでよりお得に買い物することができます。

チャージ不要なため手数料無料で利用できます。

チャージ方法比較・まとめ

銀行口座ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いセブン銀行ATMヤフオク売上金ギフトカードPayPayカード
チャージ場所銀行口座から即時引き落としソフトバンク・ワイモバイルセブン銀行ATMヤクオクアプリ内本人認証済みのPayPayカード
チャージ限度額24時間:50万円30日間:200万円12歳未満:最大2000円/月20歳未満:最大2万円/月20歳以上:最大10万円/月1回あたり50万円まで(1000円単位)24時間:50万円30日間:200万円ギフトカードの金額による24時間:2万円30日間:5万円
支払い口座振替携帯料金と合算現金ヤフオクの売上金ギフトカードを消費カードに請求
オートチャージ××××
手数料無料無料無料無料無料無料
メリット残高管理がしやすい携帯料金に支払いがまとめられる登録なしで現金をチャージできる売上金をPayPayに利用できる唯一お金を消費しないクレジットカードで唯一チャージが可能
デメリットチャージ前納準備など手続きが少し大変年齢によって限度額制限がある近くにセブン銀行ATMがないと利用できない売上金がないとチャージできないキャンペーンはないと付与されないPayPayカードの取得が必要

手数料無料のチャージ方法はPayPayカードが最もお得!

手数料無料でよりお得にチャージするには、PayPayカードがおすすめです。

現在PayPayカードでは、新規入会&利用特典として最大5000円相当のボーナスを受けることができます。

PayPayカードに新規入会すると2000円、さらに3回利用すると3000円相当のボーナスが付与されます。

また、PayPay残高にチャージできるクレジットカードはPayPayカードのみです。

残高にチャージすると最大1.5%のポイント還元を受けることができます。

高いポイント還元率を維持したい人やキャンペーンを受けたい人には、PayPayカードでチャージする方法がおすすめです。

PayPayオートチャージとは

PayPayを頻繁に利用する人は、残高が足りなくてチャージが煩わしく感じることがあるかもしれません。

そんな時に便利な機能がオートチャージ機能です。

PayPayのオートチャージ機能とは、残高が一定額を下回ったときに自動的にチャージが行われる仕組みです。

オートチャージを設定するためには、PayPayアプリの「アカウント」より「支払い方法の管理」をタップします。

「オートチャージ」タブをタップして、チャージ判定金額をチャージ金額を設定します。

チャージ判定金額が残高をチャージする基準となる金額で、チャージ金額は判定金額を下回ったときに自動でチャージする金額です。

その後、チャージ方法を選択して「オートチャージを有効にする」をタップすると設定完了です。

いつでも無効にすることもできるのでPayPayの利用状況に応じて上手く活用してみましょう。

まとめ

今回は、PayPayのチャージ手数料について紹介しました。

基本的にチャージ手数料は無料ですが、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのキャリア決済のときのみ2回目以降よりチャージ手数料が発生するため注意が必要です。

また、PayPayのチャージ方法の中でもPayPayカードによるチャージが最もおすすめです。

PayPayカードでチャージすることによってより高い還元率でポイント還元を受けることができたり、キャンペーンを受けることができるのでお得です。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用している人は、キャリア決済にすることによってまとめて支払うことができ手間が省けます。

PayPayはチャージ方法が豊富なため、自分のライフスタイルに合わせてチャージ方法を選ぶようにしましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、ウルトラペイの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次