MENU

PayPayの限度額を変更する方法は?引き上げ・引き下げ方法と注意点を解説!

PayPayの限度額を変更する方法は?引き上げ・引き下げ方法と注意点を解説!

PayPayは今や身近に存在するスマホ決済サービスです。

皆さんの身近に存在するPayPayですが、支払いやチャージなどそれぞれに利用できる

限度額が決まっています。

この記事では、皆さんの身近に存在するスマホ決済サービスであるPayPayについて

利用方法によって異なる限度額やその変更方法、また変更に関する注意点について解説します。

目次

PayPayの限度額はいくら?

  1. PayPayで支払いをする際の限度額
  2. PayPayにチャージをする際の限度額
  3. PayPayで送金をする際の限度額
  4. PayPay残高を出金する際の限度額

PayPayでは支払い方法によって異なる限度額は上記の4点になります。

それぞれの支払い方法について詳しくみていきましょう。

1.PayPayで支払いをする際の限度額

PayPayで支払いをする際の限度額は、PayPay残高支払の場合、クレジットカード決済の場合、PayPayクレジット決済の場合でそれぞれ異なります。

また、それぞれ時間や本人確認の有無によりさらに限度額に違いがあります。

具体的な限度額は下記の通りです。

24時間30日間
PayPay残高支払の限度額50万円200万円
クレジットカード決済の限度額(青いバッジ+本人確認)25万円25万円
クレジットカード決済の限度額(本人確認完了)2万円5万円
クレジットカード決済の限度額(本人確認未完了)5千円5千円
PayPayクレジット決済での限度額(本人確認完了)50万円200万円
PayPayクレジット決済での限度額(本人確認未完了)2万円5万円

本人確認が行われていないとPayPayでの限度額が低くなってしまいます。

PayPayで支払を行うと0.5%~最大2%のポイント還元があるので日々のお支払いをPayPayを活用される方は

本人確認を行う事をおススメします。

2.PayPayにチャージをする際の限度額

PayPayに残高がなくチャージする必要がある場合の限度額は下記の5点になります。

どこからチャージするかによってそれぞれ異なった限度額が設けられていますので、詳しく見ていきましょう。

24時間30日間
銀行口座からのチャージ50万円200万円
PayPayカードからのチャージ(青バッジ+本人確認)25万円25万円
PayPayカードからのチャージ(本人確認のみ)2万円5万円
セブン銀行(コンビニATM)からのチャージ50万円200万円
ヤフオク等の売上金からのチャージ50万円200万円
PayPayクレジットからのチャージ(本人確認完了)50万円200万円
PayPayクレジットからのチャージ(本人確認未完了)2万円5万円

銀行口座やPayPayカードからのチャージだと、スマホ1台でチャージが完了するので

チャージを忘れていた場合など、本人確認が済んでいればその場でチャージができるので

本人確認をしておく事をおススメします。

また、PayPayカードの場合は、支払とは違いポイント還元はありません。

3.PayPayで送金をする際の限度額

PayPayでは他のPayPayアカウントに送金することができます。

そのPayPayで他のアカウントに送金できる金額には上限があり

「24時間の利用限度:10万円」「1ヵ月間の利用限度:50万円」になります。

4.PayPay残高を出金する際の限度額

PayPay残高には下記の4種類があります。

・PayPayマネー

・PayPayマネーライト

・PayPayポイント

・PayPayボーナスライト

PayPayの決済に使用できる残高のうち、唯一PayPayマネーだけが出金可能な残高になります。

出金したPayPayマネーは、指定した銀行口座に入金することができます。

出金できる限度額は、24時間毎に100万円までが上限金額、また1回につき100円が下限金額です。

【支払い時】PayPay支払い時の限度額を変更する方法と注意点

  1. PayPay支払い時の限度額を変更する方法
  2. PayPay支払い時の限度額を変更する際の注意点

スマホ1台で支払が完了するPayPay支払には、使用できる金額には限度額が存在します。

PayPay支払いを行う際の限度額の変更方法と注意点について詳しく見ていきましょう。

1.PayPay支払い時の限度額を変更する方法

PayPayで支払を行う際の方法は下記の2点になります。

  1. 本人確認(クレジットカード決済、PayPayクレジット決済)
  2. 青いバッジ(クレジットカード決済の限度額)

PayPayで支払を行う際の限度額の変更には本人確認が必須になります。

また、クレジットカード決済の場合のみ青バッジがついていればさらに限度額の引き上げが可能となります。

PayPayでのお支払いではポイント還元があり、実質的にお得にお買い物ができるので

本人確認を行い、PayPayでのお支払い限度額を変更しておくと賢くお買い物ができます。

2.PayPay支払い時の限度額を変更する際の注意点

本人確認さえ行っていれば、最低限のお支払いはできます。

しかし、日々のお支払いをPayPayでお考えの方は青バッジの獲得を行わないと

限度額が低く、支払いできる金額に制限がかかるので注意が必要です。

【チャージ時】PayPayチャージ時の限度額を変更する方法と注意点

  1. PayPayチャージ時の限度額を変更する方法
  2. PayPayチャージ時の限度額を変更する際の注意点

PayPayアカウントに残高をチャージできますが、その金額には限度額が存在します。

PayPayチャージを行う際の限度額変更方法と注意点について詳しく見ていきましょう。

1.PayPayチャージ時の限度額を変更する方法

PayPayの残高を増やすチャージを行う際の限度額の変更に必要なのは下記の2点になります。

  1. 本人確認(PayPayカード、PayPayクレジット)
  2. 青いバッジ(PayPayカード)

銀行口座やセブン銀行からのチャージの際には本人確認等の必要はありません。

PayPayにチャージする際に、PayPayカードからチャージを行うと

200円ごとに1%のポイント還元が受けられます。

チャージを行う場合は、ポイント還元が受けられるPayPayカードからのチャージがおススメです。

2.PayPayチャージ時の限度額を変更する際の注意点

PayPayのチャージはセブン銀行などのコンビニATMの場合だと本人確認無しで大きな金額をチャージができます。

しかし、ファミリーマートのみPayPayのチャージができません。

その他のチャージ方法では、本人確認を行わないと最低限の金額しかチャージできないため

大きな買い物をPayPayで行えなくなるなど、支払方法によって本人確認を行うか検討する必要があります。

【送金時】PayPay送金時の限度額を変更する方法と注意点

  1. PayPay送金時の限度額を変更する方法
  2. PayPay送金時の限度額を変更する方法と注意点

PayPay残高のうち、PayPayマネーは他のアカウントへ送金できますが、送金できる金額に限りがあります。

限度額について、その注意点について詳しく見ていきましょう。

1.PayPay送金時の限度額を変更する方法

PayPayで他のアカウントに送金を行う際の限度額は、限度額を変更することはできません。

本人確認等を行った場合にも限度額を変更することはできないため注意が必要になります。

2.PayPay送金時の限度額を変更する際の注意点

送金を行う際には、お買い物の際に還元されたPayPayポイントは送金できません。

貯まったPayPayポイントはお得にお買い物をするのに使いましょう。

【出金時】PayPay残高を出金する際の限度額を変更する方法と注意点

  1.  PayPay残高を出金する際の限度額を変更する方法
  2.  PayPay残高を出金する際の限度額を変更する際の注意点

PayPayでは、指定の銀行口座へ現金として出金することができますが

1度に出金できる金額には限りがあります。

限度額について、その注意点について詳しく見ていきましょう。

1. PayPay残高を出金する際の限度額を変更する方法

指定の銀行口座へ残高を出金する際の限度額は、限度額の変更はできません。

50万円以上の出金が必要の場合には出金から24時間後に出金しましょう。

2. PayPay残高を出金する際の限度額を変更する際の注意点

PayPayでは残高を出金するためには、本人確認と銀行口座の指定が必要になります。

また、貯まったPayPayポイントは出金することができないので注意が必要です。

まとめ

PayPayの限度額や変更方法、その注意点についてお話してきました。

PayPayの利用方法によって本人確認を行わないとPayPayが最大限活用できなくなります。

お支払い金額によってポイント還元があるPayPayを最大限活用し

賢くお得にお買い物をするために、本人確認はしておくことをおススメします。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、90万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次