MENU

PayPayマネーライトとは?PayPayマネーとの違いや使い方・送金・出金を解説

PayPayマネーライトとは、本人確認なしで使える、出金できないタイプの残高です。

本人確認前に銀行口座やコンビニATM、ヤフオク等の売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高は、すべてPayPayマネーライトとして扱われます。

また、本人確認完了後に現金や売上金でチャージした残高のPayPayマネーと比較すると、一部の機能が使えません。

今回はPayPayマネーライトとPayPayマネーとの違い、使い方、送金や出金方法を解説します。

目次

PayPayマネーライトとPayPayマネーの違い

PayPayマネーライトとPayPayマネーの違いを以下の表にまとめました。

残高の種類PayPayマネーライトPayPayマネー
本人確認不要必要
チャージ方法・PayPayカード
・クレジット
・ソフトバンクまとめて支払い
・銀行口座
・コンビニATM
・ヤフオク等の売上金
送金・受け取りできるできる
出金できないできる

PayPayマネーライトは、アプリで本人確認をする前のチャージ残高です。

他のPayPayアカウントへの送金・受け取りはできますが、口座に出金はできません。

本人確認を完了した後も、PayPayカード、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンクまとめて支払いでチャージした残高はPayPayマネーライトとして扱われます。

一方、PayPayマネーは、本人確認後に銀行口座、コンビニATM、ヤフオク等の売上金でチャージした残高です。

PayPayマネーライトと違い、残高を銀行口座に出金できます。

なお、PayPay支払いなどで貯まるPayPayポイントは、送金・出金ができません。

PayPayマネーライトの使い方

ここでは、PayPayマネーライトで支払う方法、送金、出金について解説していきます。

PayPayマネーライトで支払う

PayPayマネーライトは、コンビニ、ドラッグストアなどの実店舗、ネットサービスや公共料金の支払に利用できます。

事前に現金やPayPayカード、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンクまとめて支払いで、使う分の残高をチャージしてください。

PayPayアプリ下部メニュー「支払う」をタップし、QRコード下の支払い方法の項目で切り替えができます。

なお、支払いの優先順位は、PayPayマネーライトが先、PayPayマネーが後です。

PayPayマネーライトの送金

PayPayマネーライトは、以下の方法で送金できます。

  • 相手のQRコードを読み取って送金
  • 相手の携帯電話番号/PayPay ID宛てに送金
  • リンクを作成してSNS経由で送金

なお、PayPayマネーライトは、送金時に使用されたPayPay残高の種類で受け取ります。

例えば、受け取り側が本人確認をしていなければ、送る側がPayPayマネーを送っても、PayPayマネーライトでの受け取りです。

PayPayマネーライトとして受け取った残高は、口座出金できません。

PayPayマネーライトの出金

PayPayマネーライトを公式に出金する方法はありませんが、PayPayマネーライト残高で購入した商品を転売すれば、お金に換えることができます。

ただし、PayPayの利用規約は換金目的の利用を禁止しています。

そのため、PayPayで同じ商品を繰り返し購入したり、金券等の換金目的が疑われる商品を頻繁に購入したりすると、換金目的の利用とみなされるかもしれません。

規約違反と判断されれば、PayPayアカウントが凍結される恐れがあるため、PayPayマネーライト残高はなるべく使い切るようにしてください。

PayPayマネーライトを送金してお金に換える方法

PayPayマネーライトは口座出金できますが、友達や家族に送金し、送金した分を現金でもらうという方法でお金に換えることができます。

例えば、友達と食事した際の会計を、あなたがPayPayマネーライトで全額支払い、後で立て替えた分をお金で受け取るという方法があります。

ただし、後からトラブルにならないように、あらかじめ「送金したPayPayマネーライトは口座に出金できない」ことを伝え、了承をもらってから実践してください。

PayPayマネーライトで支払いできない原因

PayPayが使える一部の店舗では、支払い時にPayPayマネーのみ利用可能で、PayPayマネーで支払いできない場合があります。

例えば、Amazon公式サイトの一部の商品は、PayPayマネーでしか支払いできません。

このようなケースに遭遇した場合は、本人確認を完了してPayPayマネーで支払うか、クレジットカード等の有効な支払い方法に切り替えてください。

本人確認完了後にチャージした残高がPayPayマネーライトになる原因

本人確認が完了しているのに、チャージした残高がPayPayマネーではなくPayPayマネーライトになると悩んでいませんか?

主な原因は、PayPayマネーとしてチャージできない方法でチャージしていることが考えられます。

本人確認完了後でも、PayPayカード、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンクまとめて支払いでチャージした残高は、すべてPayPayマネーライトとなります。

また、本人確認前に銀行口座、コンビニATM、ヤフオク等の売上金でチャージした残高はすべてPayPayマネーライトです。

すでに保有しているPayPayマネーライトが、本人確認後にPayPayマネーに変わることはありません。

PayPayマネーライトは出金不可!なるべく使い切ろう

PayPayマネーライトとPayPayマネーの違い、使い方や送金・出金方法、使えない時の原因について解説しました。

本人確認をしないでPayPayを利用する場合、どのチャージ方法でもPayPayマネーライト残高として扱われます。

一度PayPayマネーライトとしてチャージされた残高は出金できないため、お買い物やネットサービスの利用でなるべく使い切るようにしてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、深夜営業のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次