MENU

PayPayマネーとは?マネーライトとの違い・チャージや口座出金の方法を解説

PayPayユーザーの中には、「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」の違いを知らないまま使っている人も多いのではないでしょうか?

両者にはチャージ方法や使える機能に違いがあり、PayPayをより上手に使いこなすには知っていて損はありません。

今回は、PayPayマネーとPayPayマネーライトの違い、PayPayマネーをチャージする方法について解説します。

さらに、PayPayマネーを銀行口座に出金する方法や友だちに送金する方法など、PayPayをお財布代わりに活用する方法も紹介します。

今よりもPayPayを上手に使いこなしたい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

PayPayマネーとは?PayPayマネーライトとの違い

チャージ手段本人確認出金送金
PayPayマネー銀行口座
Yahoo! フリマやヤフオクの売上金
コンビニATM
必要できるできる
PayPayマネーライトPayPayカード
クレジット(旧あと払い)
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
不要できないできる

PayPayマネーとは、アプリで本人確認を完了した後に利用できるようになるPayPay残高です。

銀行口座、Yahoo!フリマやヤフオクの売上金、コンビニATMでチャージした残高がPayPayマネーとして扱われ、登録した銀行口座に出金できます。

一方、PayPayマネーライトは、本人確認が完了していないユーザーが使えるPayPay残高です。

PayPayカード、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンクまとめて支払いでチャージした残高がPayPayマネーとして扱われ、こちらは口座出金できません。

また、本人確認前に銀行口座やコンビニATMなどでチャージした残高も、すべてPayPayマネーライトとして扱われます。

PayPayマネーにチャージする方法

PayPayマネーにチャージする方法は、以下の3つです。

  • 銀行口座からチャージ
  • Yahoo! フリマやヤフオクの売上金をチャージ
  • コンビニATMからチャージ

それぞれのチャージ方法を解説します。

銀行口座からチャージする方法

PayPayに登録した銀行口座からチャージする手順は以下のとおりです。

  1. ホーム画面の「チャージ」をタップ
  2. チャージ方法の選択ボタンをタップ
  3. 銀行口座を選択
  4. 金額を入力して「チャージする」をタップ

銀行口座からのチャージは、1,000円以上1円単位でチャージ可能です。

まだ銀行口座を登録していない場合は、ホーム画面の「すべて>銀行口座登録」から手続きを済ませてください。

Yahoo!フリマ・ヤフオクの売上金からチャージする方法

Yahoo!フリマやヤフオクの売上金をPayPayにチャージする手順は以下のとおりです。

事前にPayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携してから手続きを進めてください。

  1. 売上金管理ページで「PayPayにチャージ」タップ
  2. 「チャージ金額」欄にチャージしたい金額を入力
  3. 「確認する」をタップ
  4. 表示されている金額を確認して「チャージする」タップ

売上金は1円単位でチャージ可能です。

金額を入力する画面には売上金の全額が表示されているので、チャージしたい金額を入力し直しましょう。

コンビニATMからチャージする方法

セブン銀行ATMとローソン銀行ATMは、口座を持っていなくても、手数料無料でPayPay残高にチャージ可能です。

セブン銀行は、ATM画面の「スマートフォンでの取引」または「チャージ」を選択し、開始用のQRコードを表示します。

一方、ローソン銀行は、ATM画面の「スマホ取引」を選択すると、開始用のQRコードが表示されます。

後は、PayPayアプリのカメラでATMに表示されたQRコードを読み取り、案内に従ってチャージしてください。

ただし、ローソン銀行ATMからのチャージはおつりが出ないので、気をつけましょう。

PayPayマネーを銀行口座に出金する方法

PayPayマネーを銀行口座に出金する方法は以下の通りです。

  1. ホーム画面の「ウォレット」をタップ
  2. 「内訳・出金」をタップ
  3. 「出金」をタップ
  4. 希望の口座を選択
  5. 出金金額を入力し「出金する」をタップ

また、口座に入金されるタイミングは、次の表のように金融機関で変わります。

金融機関出金手数料午前5時までの出金午前5時以降の出金
PayPay銀行0円即時即時
ゆうちょ銀行100円3営業日後4営業日後
その他の銀行100円翌営業日翌々営業日

なお、PayPayマネーは100円から出金可能で、出金上限額は24時間あたり50万円までです。

PayPayマネーを送金する方法

PayPayマネーは手数料無料、1円単位で他のPayPayアカウントに送金が可能です。

買い物代金の立て替えや飲み会の支払いなど、シーンに応じて送金する方法を選べます。

  • 相手のQRコードを読み取って送る
  • 相手の携帯電話番号やPayPay ID宛てに送る
  • リンクを作成してSNSで送る

PayPayマネーとPayPayマネーライトの残高がある場合、マネーライトが優先的に送金されます。

また、受け取り側の本人確認が未完了の場合は、PayPayマネーを送っても、PayPayマネーライトで受け取りとなります。

残高がPayPayマネーにならない!原因と対処法

「本人確認をしたのに、残高がPayPayマネーになっていない!」とお困りですか?

ここでは、残高がPayPayマネーにならない原因とその対処法を解説します。

本人確認が完了していない

PayPayから本人確認の結果が通知されるまでは、PayPayマネーを利用できません。

本人確認は当日中に終わることもあれば、最大で3日程度かかることもあります。

本人確認の状態は、ホーム画面の「アカウント」で確認できます。

なお、本人確認前にPayPayマネーライトとしてチャージされた金額は、本人確認後もPayPayマネーには変わりません。

PayPayマネーにならない方法でチャージしている

PayPayカード、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンクまとめて支払いでチャージした残高は、PayPayマネーになりません。

持っているPayPay残高の種類は、アプリのホーム画面右下の「ウォレット>内訳・出金」で確認できます。

仕組みを知ってPayPayマネーを上手に使おう

PayPayマネーとPayPayライトマネーの違い、PayPayマネーのチャージ方法について解説しました。

普段の買い物や支払いにPayPayアプリを使う程度であれば、両者の違いを意識する必要はありません。

しかし、PayPayマネーとPayPayマネーライトでは、口座出金の可否や送金時の扱いが異なります。

PayPayをより上手に使いこなしたい場合は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ3点以上のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次