MENU

PayPayの送金方法とは?受け取り方やおすすめ利用シーンも紹介!

PayPayには、手数料無料でお金のやり取りができる送金機能があります。

1円単位の割り勘が面倒、小銭のやり取りが苦手という方は、PayPayの送金機能を活用しましょう。

今回は、PayPayの送金方法や受け取り方法、PayPay送金のおすすめ利用シーンを紹介します。

PayPayで割り勘をしたい方や、定期的に送金する方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

PayPayの送金機能とは?

PayPayの「送金機能」を使うと、友達や家族・SNS上の知り合いにPayPay残高が送れます。

PayPayで送金するメリットは3つです。

  1. 1円単位で金額を指定できる
  2. 手数料無料で利用できる
  3. 24時間いつでも送金できる

PayPay送金で1度に送れる金額は、最大10万円までです。

ただし、送金できるのは「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」のみで、PayPayポイントは送金できません。

PayPayで送金する方法①電話番号・IDを使う

PayPayで送金する方法1つ目は、「電話番号・ID」を使う方法です。

PayPayで送金したい相手の電話番号もしくはIDを宛先に指定するだけで、残高を簡単に送れます。

  1. ホーム画面で「送る」を選択
  2. 「PayPay ID・電話番号・表示名」を選択
  3. 送りたい相手の電話番号・IDを入力し、名前を選択
  4. 送金したい金額を入力し、「次へ」を選択
  5. 内容を確認し「〇〇円を送る」を選択
  6. 相手に送金が完了

送った相手が残高の受け取りをすると、送金が完了します。

友達や家族など、電話番号やIDを知っている相手なら、PayPayで気軽にいつでも送金が可能です。

PayPayで送金する方法②QRコードを読み取る

PayPayで送金する方法2つ目は、「QRコード」を読み取る方法です。

今一緒にいる人にPayPay残高を送りたいという場合、QRコードを読み取ることで簡単に送金できます。

  1. ホーム画面で「スキャン」を選択
  2. 送りたい相手のQRコードを読み取る
  3. 送金したい金額を入力し、「次へ」を選択
  4. 内容を確認し「〇〇円を送る」を選択
  5. 相手に送金が完了

送った相手が残高の受け取りをすると、送金が完了します。

QRコードを使った送金は、電話番号やIDを知らない人でも、一緒にいればすぐに送金できる便利な方法です。

PayPayで送金する方法③受け取りリンクを発行する

PayPayで送金する方法3つ目は、「受け取りリンク」を発行する方法です。

SNS上の知り合いや、プレゼントとしてPayPay残高を送りたいという場合、受け取りリンクを発行するとSNSのメッセージ経由で送金できます。

  1. ホーム画面で「送る」を選択
  2. 「送る>SNSで送る」を選択
  3. 送金したい金額を入力して「次へ」を選択
  4. パスコードを設定
  5. 内容を確認し「〇〇円のリンクを作成する」を選択
  6. 受け取りリンクの作成が完了

受け取りリンクは、LINEやSNSなどの連絡手段があれば、誰にでも簡単に送金できる方法です。

PayPayで送金できないときの対処法

PayPayで送金しようとしたときに、次の3つのエラーが出て送金できない場合があります。

  1. 「PayPay残高を送れません」と表示される
  2. 「端末の認証を設定してください」と表示される
  3. 「このあて先には送金(譲渡)できません」と表示される

ここでは、上記のようなエラーが出たときの対処法を紹介します。

「PayPay残高を送れません」と表示される

PayPayで送金しようとしたときに、「PayPay残高を送れません」と表示された場合、2つの原因が考えられます。

  1. 24時間以内に10万円、または30日間で50万円を超える送金をした
  2. 取引審査の監視に引っかかった

上記の対処法は、時間をおいてから、もう一度送金を試してみてください。

「端末の認証を設定してください」と表示される

PayPayで送金しようとしたときに、「端末の認証を設定してください」と表示された場合、画面ロック機能の設定が必要です。

PayPayでは、スマホの顔認証やパスコードが設定されていないと、送金機能が使えません。

画面ロック機能は、PayPayアプリの「アカウント」設定から「セキュリティーとプライバシー」から設定できます。

「このあて先には送金(譲渡)できません」と表示される

PayPayで送金しようとしたとき、「この宛先には送金(譲渡)できません」と表示された場合、送る相手の表示名が原因です。

PayPayでは、不正利用防止のために、送金する相手の表示名に特定の文字列が含まれている場合、取引の制限がかかります。

対処法は、PayPay残高を送る相手に表示名を変更してもらってから、再度送金してみましょう。

PayPay送金のおすすめ利用シーン3選

PayPay送金のおすすめ利用シーンは、以下の3選です。

  1. 友達と割り勘をしたいとき
  2. 家族でお金のやり取りをするとき
  3. 複数人の旅行で集金したいとき

それぞれの利用シーンに合わせたPayPay送金の使い方を紹介します。

①友達と割り勘をしたいとき

友達とのランチや飲み会でPayPayの送金機能を利用すれば、1円単位の金額でも簡単に割り勘ができます。

送金した履歴も残るので、払った払わないの問題がなくなります。

友人との割り勘は、PayPay送金を活用してスムーズに済ませましょう。

②家族でお金のやり取りをするとき

お年玉やお小遣い・立て替えたお金など、家族間でお金のやり取りをするときも、PayPay送金がおすすめです。

PayPay送金の「定期的に送る設定」でスケジュールを設定すれば、定期的に相手に残高を送ることができます。

③幹事役が複数の支払いを集金したいとき

複数人の旅行で集金するときに、PayPay送金の「グループ支払い」を利用すれば、集金がより簡単にできます。

グループ支払いは、幹事がグループを作成し、参加したメンバーが請求された金額を支払うという機能です。

グループを作成して金額を入力するだけで、メンバー分の割り勘をした金額が自動的に請求してくれます。

また、グループ内のメンバー1人ずつに、請求する金額を変更することも可能です。

PayPay送金は利用シーンに応じてうまく活用しよう!

PayPay送金は、手数料無料で24時間いつでもお金のやり取りができる便利なサービスです。

わざわざ口座番号を聞かなくても、アプリ1つでお金のやり取りがスマートに完結します。

ぜひ今回の記事を参考に、さまざまな利用シーンに応じて、PayPay送金をうまく使いこなしましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、VISAカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次