MENU

PayPay現金チャージする方法|コンビニATM・銀行の手数料や入金上限を解説

PayPayに現金でチャージする方法は、「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」「PayPayアプリに登録した銀行口座」の3種類です。

この記事では、PayPayに現金でチャージする方法を紹介します。

手数料や入金上限などの注意点、現金以外でチャージする方法もあわせて解説するので、参考にしてください。

目次

PayPayに現金でチャージする方法

PayPayに現金チャージする方法には、ローソン銀行・セブン銀行・銀行口座の3つがあります。

1回あたりの限度額30日間の限度額手数料本人確認の有無
ローソン銀行50万円200万円無料なし
セブン銀行50万円200万円無料なし
銀行口座50万円200万円無料あり

ローソン銀行・セブン銀行からのチャージは、本人確認が必要ありません。

また、口座を開設しなくても現金をチャージできます。

一方、銀行口座からチャージは口座登録時に本人確認で、本人確認が完了するまでは銀行口座からのチャージはできません。

また、本人確認後にこの3つの方法でチャージをした残高は、PayPayマネーになります。

PayPayマネーとしてチャージされた残高は、登録口座へ出金して現金化が可能です。

ローソン銀行からチャージする方法

ローソン銀行ATMから、現金をチャージする方法を紹介します。

  1. ATMの「スマホ取引」を選択
  2. 表示されたQRコードをアプリで読み取る
  3. アプリに表示された企業番号(8439)をATMに入力
  4. 現金をATMに入金

ローソン銀行は、ローソンやローソンストア100、ナチュラルローソンなどに設置されているATMです。

ローソン銀行からチャージした場合、入金した金額すべてがチャージされます。1,000円を入金すると、1,000円分のPayPay残高になるということです。

もし1,000円分チャージしたい場合に5,000円を入金すると、5,000円すべてがチャージされてしまい、おつりは出ません。本人確認後なら出金が可能ですが、本人確認前は出金できないので、チャージしたい金額だけを紙幣を準備しましょう。

セブン銀行からチャージする方法

セブン銀行ATMからチャージする方法は、以下の通りです。

  1. ATMで「スマートフォンでの取引」または「チャージ」を選択
  2. 表示されたQRコードをアプリで読み取る
  3. アプリに表示された企業番号(8439)をATMに入力
  4. チャージ金額を指定
  5. 現金をATMに入金

セブン銀行ATMであれば、セブンイレブン以外に設置されている駅や店舗内のATMでも現金チャージが利用できます。アプリ内の「近くのお店」から、チャージできるATMを見つけましょう。

セブン銀行ではチャージしたい金額を設定でき、入金額がチャージ金額を上回った場合は、おつりが返ってきます。

セブン銀行からのチャージ分はローソン銀行と同様に、本人確認前ならPayPayマネーライトに、本人確認後はPayPayマネーとして使用可能です。

PayPayアプリに銀行口座を登録してチャージする方法

PayPayアプリに銀行口座を登録してチャージするには、まず本人確認を完了し、銀行口座を登録します。口座登録と、チャージ方法は以下の手順です。

  1. ホーム画面の「>」をタップ
  2. 「銀行口座登録」をタップ
  3. 銀行名・支店・口座番号・名義を登録
  4. 「登録手続きをする」をタップ
  5. 銀行ホームページの手順に従って連携
  6. ホーム画面「チャージ」をタップ
  7. 「チャージ方法」をタップ
  8. 銀行口座を選択
  9. 金額を入力し、「チャージする」をタップ

PayPayに銀行口座を登録するときは、銀行で使用している暗証番号やパスワードが必要です。銀行ホームページで必要事項を入力することで、PayPayと連携できます。口座登録ができたら、チャージをしましょう。

なお、口座登録は最大で5件まで可能です。しかし、銀行口座が複数あると口座残高が管理しづらくなります。そのため、口座登録数は必要最低限にしておくのがおすすめです。

PayPayに現金以外でチャージする方法

PayPayのチャージ方法には、現金以外でチャージするやり方もあります。クレジット(旧あと払い)・ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い・Yahoo!フリマ・ヤフオクの売上金からチャージする方法を解説します。

クレジット(旧あと払い)

  1. ホーム画面「チャージ」をタップ
  2. 「チャージ方法」をタップ
  3. 「クレジット(旧あと払い)」を選択
  4. 金額を入力し、「チャージする」をタップ

クレジット(旧あと払い)には、チャージ後に残高として使う方法と、後払いで使用する方法の2つがあります。

チャージした金額は、翌月に登録口座から引き落としされます。PayPayカードや後払いを利用した場合は、これらの利用分も合算した金額が引き落としされます。

ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い

  1. ホーム画面「チャージ」をタップ
  2. 「チャージ方法」をタップ
  3. 「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択
  4. 金額を入力し、「チャージする」をタップ

ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払いは、ソフトバンクやワイモバイルの回線を使用し、PayPayアカウントと連携をしている場合に限り利用可能です。チャージした金額は、携帯電話料金と一緒に請求されます。

毎月初回のチャージは手数料無料で利用できます。しかし、2回目以降はチャージ金額の2.5%(税込)の手数料がかかるので、気を付けましょう。

Yahoo!フリマ・ヤフオクの売上金

  1. Yahoo!フリマ・ヤフオクの売上金ページを開く
  2. 「PayPayにチャージ」を選択
  3. 金額を入力し、「確認する」を選択
  4. 金額を確認し、「チャージする」をクリック

Yahoo!フリマやヤフオクの売上金をチャージするときは、PayPayとYahoo! JAPAN IDの連携が必要です。あらかじめ連携させておくと、いつでもチャージできます。

なお、チャージできる金額は売上金の上限までです。1円単位でチャージできるので、画面に表示されている売上金以内の金額を入力しましょう。手数料は無料です。

Yahoo!フリマ・ヤフオクの売上金をチャージした残高は、登録口座に出金もできます。

現金チャージしてPayPayを始めよう

PayPayに現金でチャージする方法を解説しました。

いずれのチャージ方法も、1回あたり・30日間の限度額は同じで、チャージ手数料はかかりません。

ただし、コンビニATMに行く手間を省くなら、PayPayに銀行口座を登録してチャージする方法をおすすめします。

事前に本人確認が必要ですが、オートチャージや残高の出金など、コンビニATMにはない便利な機能が使えるようになります。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミが多いクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次