MENU

PayPayマネーライトは出金できる?友達に送金する方法や現金化の裏技も解説

使い道のないPayPayマネーライトを現金に戻したいと考えていませんか?

結論を言うと、PayPayマネーライトは、本人確認が完了していても口座出金できません。

ただし、家族や友達に送金したり、現金化してお金に戻したりすることはできます。

今回は、PayPayマネーライトを送金する方法や現金化する裏技を解説していきます。

使い道がないPayPayマネーライトを活用したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

PayPayマネーライトを送金する方法

PayPayマネーライトの残高は、PayPayアプリから送金することができます。

送金の手順は以下のとおりです。

  1. アプリのホーム画面「送る」をタップ
  2. 相手のマイコード、電話番号、IDいずれかで検索
  3. 送金したい金額を入力
  4. 間違いがなければ「送る」をタップ

なお、PayPayマネーライトは、送金先の相手にもPayPayマネーライトとして入金されるので、出金することはできません。

PayPayマネーライトを送金できない場合の原因と解決法

PayPayマネーライトを送金するとき、手順通りに操作しても送金できないケースがあります。

送金できない原因は以下のとおりです。

  • 送金額の上限を超えている
  • スマホ本体の認証ができていない
  • 相手がPayPayをインストールしていない

それぞれの原因と解決方法を解説していきます。

送金額の上限を超えている

PayPayの残高を送るときは、PayPayマネー、PayPayマネーライトともに1日10万円までです。

送金は過去30日間で50万円までとなり、一度に保有できる上限額はそれぞれ100万円までと決められています。

スマホ本体の認証ができていない

不正な送金を阻止するために、送金するときに顔認証やパスコードを要求されます。

このときに、スマホ本体のロック機能の設定ができていないと送金できません。

セキュリティ設定をしてから、再度送金手順を試してみてください。

相手がPayPayをインストールしていない

送金したお金を受け取ってもらうためには、PayPayアプリをインストールしてもらう必要があります。

PayPayマネーライトに限りませんが、PayPay残高を送るときは、相手がアプリをインストールしていなくても、電話番号だけで送ることが可能です。

送ったお金は相手がPayPayをインストールするまで保留となり、送金から48時間以内に受け取りが完了しないと自動キャンセルされ、返金されます。

口座出金できないPayPayマネーライトを現金化する裏技

PayPayマネーライトは口座出金できませんが、次に紹介する方法で現金化が可能です。

  • 換金率の高い商品を購入して売却
  • 割り勘するときにPayPayマネーライトでまとめて払う
  • 家族や友達に送金して現金でもらう

「PayPayマネーライトの使い道がない」「残高をお金に戻したい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

換金率の高い商品を購入して売却

PayPayマネーライトで商品を購入し、購入した商品を現金買取してもらう方法です。

換金率の高い商品は、以下の通りです。

商品換金率の相場
人気ブランド物のバッグや時計バッグ60%〜 時計80%〜
最新ゲーム機80%〜
最新のiPhone85%〜

実際の買取方法と、買取に出すときの注意事項について解説していきます。

・人気ブランド物のバッグや時計

全国に店舗を構える「ブランディア」や「バイセル」などは、持込み査定だけではなく、電話やチャットでも査定ができます。

買取業者によっては買取金額が大きく変わることもあるので、複数の店舗に査定することをオススメします。

・最新ゲーム機

買取価格は買取業界トップクラスの「ゲーム買取ブラザーズ」、店舗数の多い「ゲオ」など、ホームページに商品の買取金額が記載されています。

ただし、「ゲオ」などの一部の大手買取業者は、新品未開封の場合、盗難品の買取を防ぐため買取不可となっています。

・最新のiPhone

ネットで簡単に査定可能な「イオシス」や「じゃんぱら」など、最新のiPhoneを買取してもらえる業者は店舗、ネットショップともに多数あります。

ただし、iPhoneの転売はブラックリストに入る可能性があるようです。転売目的で契約を短期間で解除することによって、悪質ユーザーとして登録される恐れがあります。

転売する場合には、必ず正規品を仕入れ、回線契約などは行わずに端末だけを購入するようにして下さい。

割り勘するときにPayPayマネーライトでまとめて払う

友達との飲み会代や食事代をPayPayマネーライトでまとめて支払い、立て替えた分を現金でもらう方法です。

この方法は手数料が一切かからないため、PayPayマネーライトの残高を100%現金に戻すことができます。

家族や友達に送金して現金でもらう

家族や友達にPayPayマネーライトで送金し、送金した分を現金でもらうという方法です。

このとき、送金する相手にPayPayマネーライトで送金したお金は出金ができないと、トラブルが起こらないように伝えておきましょう。

PayPayマネーライトを買い物以外の方法で使い切る

PayPayマネーライトは、サブスクリプションの月額料金や公共料金の支払いにも使えます。

PayPayをやめたくて残高を0にしたい人もいるでしょう。残高をキレイに0にするには、現金やクレジットカードとの併用で支払えば可能ですが、基本的にPayPayは他の支払い方法と併用することはできません。

ですが、一部の飲食店や家電量販店では使える店舗があります。「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」では、PayPayと現金の併用支払いが可能です。

PayPayマネーライトの現金化には工夫が必要

PayPayマネーライトにある残高は、送金してもPayPayマネーライトとして入金されるので、どの方法でも出金できませんでした。

PayPayマネーライトの残高は出金できないので、商品を購入して換金したり、割り勘するときに立て替えたり、家族や友達に頼んでみたりと工夫が必要になります。

業者を通すと時間と無駄な手数料も発生するので、友達や家族に頼るか使い切るのが良いでしょう。

PayPayマネーライトにある残高をどうしても現金化したい場合は、是非この記事を参考にしてみてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、クレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次