MENU

PayPayポイントを賢く貯めてお得に使う!キャンペーンや運用方法を解説

PayPayポイントは、PayPayが使える店舗やYahoo!ショッピングなどでの支払い、各種キャンペーンで獲得できるポイントです。

貯めたポイントは1ポイント=1円として、PayPayの残高と合わせて利用できます。

今回はPayPayポイントの貯め方や使い方について詳しく解説していきます。

PayPayポイントの上手な貯め方や使い方を知りたい人、PayPayをポイ活に利用したい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

PayPayポイントの貯め方

主なPayPayポイントの貯め方は、以下の4種類です。

  • PayPayで支払う
  • キャンペーンを活用する
  • PayPayクーポンを使用する
  • PayPayカードを利用する

それぞれの貯め方について、詳しく解説していきます。

なお、獲得しているポイントは、アプリ下部の「ウォレット>PayPayポイント」から確認できます。

PayPay加盟店で使う

PayPayが使えるコンビニや、Yahoo!ショッピングなどのネットサービスでポイントを獲得する方法です。

PayPayアプリで支払うと、支払い額の0.5%〜のポイントが付与されます。

また、「ポイントアップ店」でPayPayを使えば、+0.5%~のポイントアップも可能です。

キャンペーンを活用する

「PayPay祭」や「PayPayジャンボ」など、PayPayでは定期的にキャンペーンが実施されています。

条件をクリアすると、通常の還元率0.5%に加えて大幅なポイント獲得が可能です。

例えば、毎年11月から翌年1月にかけて実施される「PayPayジャンボ」は、対象店舗でPayPayで支払い、抽選に当たると、最大100%のPayPayポイントキャッシュバックが受けられます。

他にもポイントアップキャンペーンが定期的に実施されているため、PayPay公式サイトでチェックしてみてください

PayPayクーポンを使用する

PayPayクーポンとは、事前にアプリから対象クーポンを獲得することで、いろいろなお店でPayPayポイントを獲得できるサービスです。

人気のお店やフォロー中のお店から気になるクーポンが発行されたら、詳細を確認し獲得しましょう。

獲得したクーポンは自動的に支払いに適用されるため、店頭で表示する手間もかかりません。

PayPayカードを利用する

PayPayカードは、PayPayが発行するクレジットカードです。

通常のPayPayの支払いは還元率0.5%ですが、PayPayカードを利用すると、1%~1.5%のPayポイントが還元されます。

なお、PayPayカードを発行するには、事前に本人確認を完了し、所定の審査に通過する必要があります。

PayPayポイントの使い方

貯めたPayPayポイントは、1ポイント=1円として残高と合わせて支払いに利用できます。

PayPayポイントはアプリ上で利用方法を設定することができ、「貯める」「支払いに利用する」「ポイント運用に自動追加する」から選択します。

初期設定は「貯める」になっているため、PayPayポイントを使う時は「支払いに利用する」に変更してください。

アプリホーム画面の「ポイント」を選択し、「ポイントの使い方設定を変更する」から使い方を設定します。

なお、PayPayポイントはクレジット(旧あと払い)やクレジットカード、PayPay商品券と併用できません。

PayPayポイントを「ポイント運用」で使う方法

、PayPay独自の使い方として、「ポイント運用」があります。

「ポイント運用」とは、PayPayポイントを使って疑似的な資産運用を体験できるサービスです。

口座開設等は不要で、利用規約に同意することですぐに利用を開始できます。

ポイント運用では、次の5つのコースの中から1つを選び、お金の代わりにPayPayポイントを運用します。

  • 金(ゴールド)コース
  • テクノロジーコース
  • スタンダードコース
  • チャレンジコース
  • 逆チャレンジコース

持っているPayPayポイントから好きな金額を入力し、疑似運用体験ができます。

運用中にいつでも、残高から引き出してPayPayポイントにチャージが可能です。

PayPayポイントの出金・送金はできる?

貯めたPayPayポイントは、アプリに登録した銀行口座に出金したり、友達や家族に送金したりすることができません。

残高と合わせて支払いに利用するか、ポイント運用で使うようにしてください。

なお、PayPayポイントには有効期限がありません。

以上のように、使える方法も多くありますので、ポイントを忘れる前に使用してオトクにほしいものもゲットできます。

PayPayポイントは貯め方も使い方も豊富!

PayPayポイントの基本の付与率は0.5%と、一般的なクレジットカードのポイント付与率と同じです。

ただし、キャンペーンを活用したり、PayPayカードで支払ったりすることで、より賢くポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは1ポイント=1円として支払いに使える他、PayPay独自の「ポイント運用」で利用可能です。

これからPayPayを使い始める人は、ぜひ自分に合ったポイントの貯め方、使い方を試してみてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、夜間営業のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次