MENU

PayPayで楽天カードは利用できる?楽天カードを登録する方法から注意点までを解説!

PayPayで楽天カードは利用できる?楽天カードを登録する方法から注意点までを解説!

PayPayとは、スマホ決済サービスの中でも加盟店が多く、どこでも利用することができる便利なサービスです。

また、楽天カードとは楽天グループが発行しているクレジットカードで、カードを利用すると100円で1ポイントを貯めることができます。

楽天市場などの楽天関連のサービスで利用を行うと、さらに効率よくポイントを貯めることが可能です。

PayPayの支払い方法には、チャージした残高から支払う方法と、後払いを利用する方法の2つがあります。

残高にチャージできるクレジットカードはPayPayカードのみとなるため、後払いの精算方法としてであれば楽天カードを利用することができます。

この場合PayPayにポイントが貯まるのではなく、楽天カードに楽天ポイントが貯まり、ポイントの二重取りは出来ないため注意が必要です。

また、PayPayに登録することができるクレジットカードは、VISAとMastercardの国際ブランドカードのみです。

そのため、VISAまたはMastercardのブランドが付帯している楽天カードは登録ができますが、その他のブランドが付帯しているカードの場合は登録できません。

今回は、PayPayで楽天カードを登録する方法から注意点まで詳しく紹介します。

目次

PayPayで楽天カードは利用できる?

PayPayで楽天カードを利用することはできます。

ただし、楽天カード情報をPayPayに登録してカードから引き落とす支払い方法であれば利用できますが、楽天カードを用いてPayPay残高にチャージすることはできません。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、PayPayカードとヤフーカードのみとなっています。

また、PayPayと楽天ポイントの二重取りはできません。

通常の買い物でPayPayを利用すると、クレジットカードからの引き落としにしている場合はクレジットカードのポイント、残高から支払う場合はPayPayポイントが貯まります。

そのため、楽天カードでPayPayを利用している場合は、楽天ポイントのみが貯まります。

同時にPayPayポイントが貯まるわけではない点に注意が必要です。

しかし、ソフトバンク・ワイモバイルを利用している人はポイントの二重取りができる可能性があります。

二重取りする方法は、PayPay残高払いのチャージ方法を「まとめて支払い」に設定しておき、キャリア決済の支払い方法を楽天カードに登録する方法です。

こうすることで、PayPay残高から支払う際はPayPayポイント、キャリア決済で支払う際に楽天ポイントを貯めることができます。

PayPayで楽天カードを登録する方法

PayPayで楽天カードを登録するにはPayPayアプリより手続きを行う必要があります。

まず、PayPayアプリのホーム画面にある「アカウント」をタップして「支払い方法の管理」画面に移動します。

「クレジットカードを追加」を選択して、カードを読み取るかカード番号を直接手入力しましょう。

その後、クレジットカード会社の本人認証サービスが済んだら登録完了です。

PayPayで楽天カードを利用する際の注意点

  1. 楽天カードはPayPay残高にチャージできない
  2. PayPayに登録できるクレジットカードの種類は限られている

PayPayで楽天カードを利用する際にはいくつか注意するべき点があります。

ここでは、PayPayで楽天カードを利用する際の注意点を紹介します。

1.楽天カードはPayPay残高にチャージできない

PayPayで楽天カードを利用することはできますが、PayPay残高にチャージする方法としては利用できません。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、PayPayカードとヤフーカードのみです。

PayPay後払いを利用する際は、翌月の精算方法として楽天カードを登録することができます。

2.PayPayに登録できるクレジットカードの種類は限られている

PayPayに登録できるクレジットカードは、VISAとMastercardの国際ブランドカードのみです。

楽天カードには「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」「楽天PINKカード」などの種類がありますが、どの種類でもVISAまたはMastercardを付帯している楽天カードであればPayPayに登録することができます。

しかし、JCBやAmericanExpress(AMEX)を付帯している楽天カードは、PayPayに登録することができないため注意が必要です。

PayPayで楽天カードとPayPayカードどっちを利用するのがお得?

  1. 楽天カードとPayPayカードの比較
  2. ポイントの貯め方で比較
  3. 携帯キャリアで比較

PayPayで楽天カードを利用する場合とPayPayカードを利用する場合でどちらがお得なのかは、条件や場合によって異なります。

ここでは、楽天カードとPayPayカードの違いを比較してどっちの方がお得なのかを紹介します。

1.楽天カードとPayPayカードの比較

楽天カードPayPayカード
年会費無料無料
カードの発行方法カードが届く迄1週間程度待つ最短5分
還元率1%~1%~
入会特典紹介特典1000円なし
旅行保険最高2000万円なし
利用可能額最高100万円審査によって異なる
国際ブランドVisa / Mastercard® / JCB / American Express®Visa / Mastercard® / JCB

楽天カードとPayPayカードは、どちらも年会費無料で利用できるカードです。

ポイント還元率も同様ですが、入会特典や旅行保険、利用可能額が異なります。

まず、PayPayカードは入会特典や旅行保険がありませんが、楽天カードの場合は紹介特典として1000円、旅行保険として最高2000万円まで受け取ることができます。

また、利用可能額はPayPayカードの場合利用状況や実績によって審査が行われて定められます。

楽天カードの利用可能額は、一律最高100万円となります。

2.ポイントの貯め方で比較

楽天カードとPayPayカードはポイントの貯め方も異なります。

まず楽天カードの場合は、楽天市場や楽天銀行などの楽天グループのサービス内で利用することでポイントを貯めることができます。

一方で、PayPayカードは、ヤフーショッピングやPayPayサービス内での利用でポイントが貯まります。

そのため、普段から楽天グループのサービスを頻繁に利用している人は楽天カード、PayPayを頻繁に利用している人はPayPayカードを使うことでお得にポイントを貯めることができます。

3.携帯キャリアで比較

携帯キャリアが楽天モバイルであるかソフトバンクであるかによって、どちらのカードを利用するとお得かが変わります。

まず、楽天モバイルを利用している場合ポイント還元率が+1倍となります。そのため、楽天モバイルを利用している人は楽天カードの登録がおすすめです。

ソフトバンクを利用している人はユーザー特典により、毎週日曜日にPayPayカードで決済した金額に対して最大10%のPayPayポイントが付与されます。

そのため、ソフトバンクを利用している人はPayPayカードがおすすめです。

それぞれの特典をチェックしてどっちがお得かを比較してみましょう。

PayPayで楽天カードを利用する際によくある質問

  1. PayPayで楽天カードを利用するとPayPayポイントは貯まる?
  2. 楽天スーパーポイントとは?

PayPayで楽天カードを利用する際によくある質問を2つ紹介します。

1.PayPayで楽天カードを利用するとPayPayポイントは貯まる?

PayPayで楽天カードを利用した場合、PayPayポイントは貯まりません。

PayPayポイントではなく、楽天ポイントが貯まります。

PayPayアプリで楽天カードを利用した場合は、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

普段楽天カードで買い物する際のポイント還元率と同じです。

楽天ポイントとPay Payポイントの二重取りは出来ないため注意が必要です。

2.楽天スーパーポイントとは?

楽天スーパーポイントとは、楽天関連のサービスで付与されるポイントのことです。

名前を省略して「楽天ポイント」と呼ばれていますが、楽天ポイントも楽天スーパーポイントもどちらも同じポイントのことを指します。

まとめ

PayPayで楽天カードを利用することはできます。

ただし、残高のチャージ方法としては利用できないため注意しておきましょう。

後払いの精算方法として楽天カードを利用することができます。

また、楽天カードとPayPayカードはどちらもPayPayで利用できるクレジットカードですが、それぞれポイントの貯め方などが異なります。

どちらも維持費がかかることなく持つことができるので、どちらを使うべきかわからない場合は両方を利用することも視野に入れて考えてみるのもありかもしれません。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、3万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次