MENU

PayPayのポイント運用とは?選べる5種類のコースとメリットを徹底解説!

PayPayのポイント運用とは、PayPayポイントを利用して投資することができるサービスです。

PayPayのポイント運用を開始するためには、アプリより「ポイント運用」をタップしてコースを選ぶだけで始めることができます。

口座開設不要ですぐに投資を始めることができるので便利です。

また、現金ではなくポイントを投資するため初心者の人でも比較的始めやすい投資サービスとなっています。

PayPayポイント運用には5つのコースがあり、初心者向けの低リスクなコースからより多くポイントを増やしたい人向けの高リスクなコースまでそろっています。

自分の能力に合わせて選んで運用することができます。

今回はPayPayのポイント運用についてメリットやデメリット、コースの種類について紹介します。

目次

PayPayのポイント運用とは?

PayPayのポイント運用とは、PayPayを利用して買い物をした際に付与されるポイントを金融商品に投資できるサービスです。

証券会社の口座を開設する必要もなく、手数料無料で投資を体験することができます。

実際にお金を使うわけではなく、PayPayポイントを1ポイント1円として運用を行います。

PayPayのポイント運用を始めるためには、アプリの「ポイント運用を始める」をタップして、運用コースと運用金額を選択してから開始することができます。

しかし、元本保証がないためお金が減ってしまう危険性がある点に注意しておきましょう。

PayPayポイント運用で選べる5種類のコースを紹介!

  1. 金(ゴールド)コース
  2. テクノロジーコース
  3. スタンダードコース
  4. チャレンジコース
  5. 逆チャレンジコース

PayPayのポイント運用には5種類のコースがあります。

リスクや運用スタイルなどが異なるため、自分に合ったコースを選んで行うようにしましょう。

1.金(ゴールド)コース

ゴールドコースは、金で運用するETFの価格に連動するコースです。

株価下落時にも影響を受けにくくなるため、リスクを回避しておきたい人にはおすすめです。

しかし、ゴールドコースは安定した投資先のため他のコースに比べて利益は小さくなってしまいます。

ポイントを一気に増やしたい人やリスクの高い投資に挑戦したい人は他のコースを検討してみましょう。

2.テクノロジーコース

テクノロジーコースは、世界規模での成長企業に投資できるコースです。

そのため、将来的な成長を狙って長期投資したい人におすすめです。

世界規模での成長企業とは、ベンチャー企業向けの株式市場やナスダックの中でも代表的な100企業があげられます。

変動は大きくなっていますが、ポイント運用で大きな利益を獲得することができます。

3.スタンダードコース

スタンダードコースは、アメリカの代表的な企業への投資ができるコースです。

変動が小さいため安定した成果を上げたい人におすすめです。

テクノロジーコースと似ていますが、投資先企業の特徴が異なります。

テクノロジーコースは成長するであろう企業に投資しますが、スタンダードコースはすでに成長した企業に投資します。

そのため、ゴールドコースよりも利益は大きくなり、安定性も重視することができます。

4.チャレンジコース

チャレンジコースは、企業の株価変動に連動して3倍以上変動するコースです。

リスクが高くなるため、リスクを許容できる人や投資に慣れている人向けのコースとなります。

投資先はスタンダードコースと同様で、アメリカの代表的な複数企業となります。

変動の影響は3倍となるので、株価が10%上昇すれば30%のポイント上昇となります。

しかし、10%下落した場合は30%の損失となってしまうため損失も大きくなります。

5.逆チャレンジコース

逆チャレンジコースは、チャレンジコースの損益が反対になるコースです。

つまり、株価が10%上昇するとポイントが30%減り、株価が10%下落すると30%の利益を獲得することができます。

株価が下落する可能性があるときに逆チャレンジコースを利用するとポイントを増やすことができます。

チャレンジコースと逆チャレンジコースを上手く利用して運用するようにしましょう。

PayPayポイント運用のメリット

  1. 口座開設が不要
  2. コースを選ぶことができる
  3. いつでもPayPayポイントに戻すことができる
  4. いつでも取引可能

PayPayのポイント運用には、口座開設が不要ですぐに始めることができたり、豊富なコースから選択して運用することができるといったメリットがあります。

ここでは、PayPayのポイント運用のメリットを4つ紹介します。

1.口座開設が不要

PayPayのポイント運用で利用するのはポイントのみで現金は運用しないため、口座開設をしなくても利用することができます。

PayPayのポイント運用を開始するには、アプリの「ポイント運用」をタップするだけで始めることができます。

PayPayユーザーであればすぐに運用を開始することができるので便利です。

ID登録も不要なため、面倒な手続きを省きすぐに始めたい人にお勧めです。

1ポイント1円としてのポイント投資で1円分から投資することができます。

現金を投資するより精神的な負担が少ないため、気軽に投資したい人にもおすすめです。

2.コースを選ぶことができる

PayPayのポイント運用には、5つのコースがあります。

初心者向けのリスクが低いコースから、よりポイントを増やしたい人向けの高リスクのコースまであります。

運用方法はコースを選択するだけなので、初心者でも始めやすくなっています。

PayPayのポイント運用には自動追加機能があり、これを利用すると運用金額が自動で追加されます。

3.いつでもPayPayポイントに戻すことができる

運用中のポイントをいつでもPayPayポイントに戻すことができます。

取り出したポイントを別のコースに振り分けることができ、残高の入出金が自由です。

ただし、運用中のポイントをそのまま利用はできず、一度ポイント運用画面からPayPay画面に戻す必要があります・

4.いつでも取引可能

通常、株式市場は土日祝日やお昼休みには注文や取引をすることができません。

しかし、PayPayのポイント運用はコースを選ぶだけなので、曜日や時間に縛られることなく24時間365日取引可能です。

時間を気にせずに運用したい人はPayPayのポイント運用がおすすめです。

PayPayポイント運用のデメリット

  1. 元本保証がない
  2. 現金として利用できない
  3. 手数料がかかる

PayPayのポイント運用には、現金としての利益を上げることができない点や、元本保証がないなどのデメリットがあります。

これから紹介するデメリットを把握したうえで利用するようにしましょう。

1.元本保証がない

PayPayポイント運用は元本保証がないため、投資を始めたときよりもポイントが減ってしまう危険性があります。

そのため、運用状況をこまめにチェックしてポイントが減っているときは他のコースに切り替えるなどの工夫をする必要があります。

2.現金として利用できない

PayPayポイント運用は、ポイントでの運用となるため現金としての利益を上げることができません。

PayPayポイントは、PayPayで決済する際に利用できるためPayPay対応のサービスには活かすことができます。

しかし、現金に比べて利用できるサービスや場面は少なくなります。

普段からよくPayPayを利用する人は、運用で増やしたポイントを活かすことができるためおすすめです。

3.手数料がかかる

PayPayのポイント運用は5つのコースからコースを選び、ポイントを追加してから開始します。

しかし、コースにポイントを追加する際、スプレッドと呼ばれる仲介手数料が発生します。

100円未満のポイントを追加する際は手数料が無料ですが、100円以上であれば手数料が発生するため、運用できる金額は手数料を除いた金額となります。

まとめ

PayPayのポイント運用とは、PayPayポイントを利用して投資の類似体験ができるサービスです。

現金は必要なくポイントのみで運用することができるため精神的な負担が少なく、投資初心者にもおすすめです。

ポイント運用で利益が出るとPayPayポイントが増え、損失が出るとポイントが減ります。

運用を始めるためには、PayPayアプリの「ポイント運用」をタップし、コースと追加ポイントを選択してから始めます。

口座開設やID登録などが不要なためすぐに開始することができ便利です。

PayPayポイント運用のコースは以下の5つです。

  • ゴールドコース
  • テクノロジーコース
  • スタンダードコース
  • チャレンジコース
  • 逆チャレンジコース

それぞれのコースの特徴を理解して、自分の運用タイプに合わせてコースを選ぶようにしましょう。

また、PayPayポイント運用には元本保証がないため、PayPayポイントが最大0になる可能性があります。

他にも手数料が発生したり、現金として利用できないなどのデメリットもあります。

メリットだけでなく、デメリットも把握したうえで利用するようにしましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、バンキット後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次