MENU

PayPay銀行のキャッシュカードとは?カードの作り方と使い方を解説!

PayPay銀行のキャッシュカードとは?カードの作り方と使い方を解説!

PayPayを普段から使っていると、PayPay銀行の利用を考える事もあるのではないでしょうか。

PayPay銀行は、インターネットバンキングです。

ネット銀行に不慣れな場合、キャッシュカードはどうなるのだろうか?と気になるかもしれませんね。

PayPay銀行では、キャッシュカードが発行されます。

そこでこの記事は、

  • PayPay銀行のキャッシュカードで知っておきたい3つの点
  • PayPay銀行のキャッシュカードは3ステップで作れる
  • PayPay銀行のキャッシュカードの利用方法

について紹介します。

目次

PayPay銀行のキャッシュカードとは?

  • VISAデビット機能付き
  • 提携するATMで使える
  • デビット機能を使うと500円毎に1PayPayポイントがもらえる

PayPay銀行のキャッシュカードで押さえておきたいポイントは、以上の3点です。

それぞれ知っておきたいポイントや注意点があります。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

VISAデビット機能付き

PayPay銀行のキャッシュカードは、VISAデビットカードと一体型です。

そのため、VISAのタッチ決済に使えます。

また、デビットカードなので、決済時に口座から引き落とされます。

使い過ぎの心配を防げるので、助かりますね。

提携するATMで使える

PayPay銀行はネット銀行ですので、提携先のATMでサービスを利用できます。

提携先の主なATMは以下になります。

  • コンビニのATM
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

セブン銀行やローソン銀行の場合、カードレスで利用することもできます。

その際は、あらかじめPayPay銀行アプリでカードレスATMの設定をしておきましょう。

ちなみに、入出金は、それぞれ毎月1回だけ手数料無料です。

また、3万円以上の取引の場合は、いつでも無料です。

デビット機能を使うと500円毎に1PayPayポイントがもらえる

この特典は、個人口座に対してのみになります。

また、PayPayアカウントと連携を先に済ませておく必要があります。

他にも、Revolutを通した利用の場合は特典がつかないので、注意が必要です。

PayPay銀行キャッシュカードの作り方

  1. 口座開設申込フォームに入力する
  2. ウェブで申込内容を入力する
  3. トークンアプリをダウンロードして設定を済ませる

PayPay銀行の口座を開設すれば、キャッシュカードを作れます。

ここでは、キャッシュカードを作るための3ステップを紹介します。

スムーズに作れるように、細かい手順や注意点を確認しましょう。

1.口座開設申込フォームに入力する

まずは、「口座開設を申し込む」のボタンをクリックします。

すると、メールアドレスを入力する画面になります。

メールアドレスを入力して送信すると、口座開設申込用のURLが届きます。

口座開設申込フォームには、以下の情報を入力します。

  • 申込口座の種類
  • 国籍
  • 本人確認方法

申込口座は、「普通預金口座」と「カードローン同時申込」のどちらかを選べます。

また、日本国籍を持っているかどうかも入力が必要です。

本人確認方法は、「マイナンバーカードの読み取り」と「本人確認資料と自撮り」から選べます。

「マイナンバーカードの読み取り」は次のものを用意できる場合に利用しましょう。

  • NFC対応のスマートフォン
  • マイナンバーカード
  • 署名用電子証明書パスワード

かざして決済ができるスマートフォンは、NFC対応です。

PayPay銀行のアプリで読み取りを済ませれば、次のステップに移ります。

2.ウェブで申込内容を入力する

次に、ウェブで申込に必要な情報を入力します。

申込内容は、以下の通りです。

  • 氏名
  • 性別・生年月日
  • 自宅住所・電話番号
  • 勤務先
  • 取引目的
  • 暗証番号・ログインパスワードの設定

以上の項目を入力し、内容と規約を確認します。

そして、「規約に同意して申し込む」を押します。

氏名や住所などは、提出資料と同じ表記で入力しましょう。

また、電話番号は携帯電話の番号を入力します。

「本人確認資料と自撮り」の本人確認方法を選んだ場合は、入力後「撮影はこちら」を押します。

すると、「本人確認資料の提出」画面に進みます。

運転免許証かマイナンバーカードを選択し、指示に沿って撮影しましょう。

提出資料の撮影が終われば、次は顔写真も同様に撮影します。

3.トークンアプリをダウンロードして設定を済ませる

ウェブの申し込みができたら、トークンアプリの初期設定をします。

以下の手順で行います。

  1. トークンアプリを起動する
  2. 規約に同意したら「登録を行う」を押す
  3. 店番号と口座番号を入力する
  4. ウェブで申し込んだ時に設定したログインパスワードを入力する

以上で、初期設定は完了です。

ログインパスワードを忘れた場合は、仮パスワードを発行できます。

その際は、仮パスワードを入力して設定を済ませましょう。

PayPay銀行キャッシュカードの使い方

  1. キャッシュカードとして使う
  2. VISAデビットカードとして使う
  3. J-Debitとして使う

PayPay銀行のキャッシュカードは、3種類の使い方ができます。

それぞれの使い方や気を付ける点を以下で紹介しますね。

1.キャッシュカードとして使う

キャッシュカードとして使う時は、「国内ATMとしてご利用」の矢印の方向に合わせて、ATMの挿入口に入れます。

もし利用できなかった場合は

  • PayPay銀行と提携しているATMか
  • キャッシュカードの挿入方向が合っているか

を確認しましょう。

以上の2点が正しいにも関わらず使えない場合は、磁気不良の可能性があります。

その場合は、カードの再発行をしましょう。

2.VISAデビットカードとして使う

PayPay銀行のキャッシュカードは、実店舗でもネットショップでもVISAデビットカードが使えます。

使い方は、以下になります。

店舗で利用する場合

  1. 支払い時に「VISAで」と伝える
  2. クレジットカードか聞かれたら「はい」と答える
  3. 暗証番号は必要な場合は、暗証番号を入力する

以上で決済できます。

デビットカードは1回払いしかできません。

もし店員に支払い回数を聞かれたら「1回で」と伝えましょう。

  • ICチップ対応の端末機にかざす場合
  • 1万円以上の買い物の場合
  • 海外で買い物をした場合

以上の場合は暗証番号の入力かサインが必要です。

ICチップ対応のデビットカードを持っている場合は、ICチップ用に設定した暗証番号を入力します。

ICチップ非対応のデビットカードの場合は、キャッシュカードの暗証番号を入力しましょう。

ネットショップで利用する場合

  1. 支払い方法で「クレジットカード」を選択する
  2. カード番号・名義・有効期限・セキュリティコードを入力する

(VISA Secureを求められた場合)

  1. 本人認証の入力
  2. ログインIDの入力(未設定の場合は空欄のままで次へ進む)
  3. ワンタイムパスワードの入力

以上で、支払いの完了です。

名義の入力は「名」「姓」の順で入力しましょう。

セキュリティコードはカードの裏面にある3桁の数字のことです。

本人認証の入力では、カード番号・有効期限・セキュリティコード・氏名を入力します。

本人認証を入力すると、ワンタイムパスワードが発行されます。

パスワードの発行を確認したら、次の手順に進みましょう。

3.J-Debitとして使う

PayPay銀行のキャッシュカードは、J-Debitにも対応しています。

J-Debitとは、加盟している金融機関のキャッシュカードをデビットカードとして使うサービスの事です。

ただし、VISAデビットカードと使い方が少し違うので、気を付けましょう。

J-Debitは2通りの使い方があります。

使い方の手順を以下で紹介します。

デビット機能を使う時

  1. 商品の支払い時に「J-Debitで」と伝える
  2. キャッシュカードを端末に通してもらい、店員に金額を入力してもらう
  3. 入力金額を確認し、暗証番号を入力する

以上で支払いできます。

端末にカードを通す時は、「国内ATMのご利用」の向きで通してもらいましょう。

キャッシュアウトサービスを使う時

  1. 商品の支払い時に「J-Debitとキャッシュアウトで」と伝える
  2. 引き出す金額を伝える
  3. 店員がキャッシュカードを端末に通し、金額を入力する
  4. 入力金額に間違いがなければ、暗証番号を入力する

以上で、支払いと現金の引き出しが行えます。

ただし、キャッシュアウトは全てのJ-Debit加盟店でできるわけではありません。

「キャッシュアウトがご利用できます」というロゴがある加盟店で使いましょう。

また、キャッシュアウトのロゴがあっても、一部の金融機関しか対応していない場合もあります。

さらに、加盟店によっては引き出し時に手数料がかかる場合もあります。

キャッシュアウトサービスを利用する場合は、事前に店員に確認しておくと良いですね。

まとめ

  • PayPay銀行のキャッシュカードは、キャッシュ機能とデビット機能がある
  • デビット機能を使えば、500円ごとに1ポイント付与される
  • キャッシュカードの作り方は「口座開設フォームの入力」→「ウェブで申込」→「トークンアプリの設定」の3ステップ
  • PayPay銀行のキャッシュカードは、キャッシュカード・VISAデビットカード・J-Debitの使い方がある

PayPay銀行のキャッシュカードを持てば、支払い方法の幅が広がります。

また、デビット機能を使うことでポイント付与の特典もあります。

賢くPayPayを活用するために、この記事が参考になれば幸いです。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、5万円のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次