MENU

PayPayカードゴールドの特長とは?PayPayカードとの違いを比較!

PayPayのクレジットカードには、PayPayカードとPayPayカードゴールドの2種類がありますが、それぞれの違いは知っていますか?

PayPayカードゴールドは年会費がかかりますが、普段利用しているサービスによってはPayPayカードよりもPayPayカードゴールドの方がお得になることがあります。

この記事では、PayPayカードゴールドの特長を紹介します。

PayPayカードと比較してどう違うのかについても解説するので、参考にしてください。

目次

PayPayカードゴールドの特長

PayPayカードゴールドにはどんな特長があるのかを解説します。

PayPayカードの上位カード

PayPayカードゴールドは、年会費が11,000円のさまざまなプレミアムサービスが付くPayPayカードの上位カードです。

プラスチック製カードはシンプルながらスタイリッシュなデザインとなっており、カード番号の記載がない番号レスカードです。

カード番号が表示されないので、国内はもちろん海外で利用するときのセキュリティ面が気になる人におすすめできます。

PayPayポイントが最大1.5%付与

PayPayカードゴールドは、税込200円の利用ごとに最大1.5%のポイント付与があります。

クレジット(旧あと払い)を利用した場合は付与率がさらに0.5%アップするため、最大2%のポイント付与が受けられます。

ソフトバンクやワイモバイルユーザーは通信料の一部がポイント付与されるといった特典もあり、効率よくポイントを貯められるのも特長です。

ソフトバンクワイモバイル
通信料最大10%最大3%
SoftBank 光/Air利用料最大10%最大10%
おうちでんき/自然でんき利用料最大3%最大3%

スマホ代は毎月かかってくるものなので、どんどんポイントを貯められます。

LYPプレミアム特典

PayPayカードゴールドには、以下のようなLYPプレミアム特典がつきます。

  • Yahoo!ショッピング・LOHACOでの買い物が+2%
  • 会員限定PayPayクーポン付与
  • Yahoo!トラベルで+5%
  • 読み放題プレミアムbyブック放題
  • 1,200万種類以上のLINEスタンプ使い放題 など

これらはウェブ版なら月額508円(税込)、アプリ版なら月額650円(税込)かかるサービスですが、PayPayカードゴールド会員は無料で利用可能です。

さまざまな特典が用意されているので、PayPayカードゴールド会員になったらすぐに利用してみましょう。

旅行中の補償を受けられる保険つき

PayPayカードゴールドに加入すると、国内・海外旅行保険の補償を受けられます。

PayPayカードゴールドで支払いをした国内旅行なら最大5,000万円の補償が、海外旅行なら自動附帯で最大1億円の補償となる旅行保険がつくのです。

通常なら費用がかかる旅行保険ですが、PayPayカードゴールドなら別途申し込みの必要がないため、頻繁に旅行する人にうれしいサービスです。

無料で国内主要空港ラウンジが使える

PayPayカードゴールドの特典には、羽田空港や関西国際空港などの国内主要空港、ハワイの主要空港での無料ラウンジ利用サービスもついています。

受付でPayPayカードゴールドと、当日の搭乗券または航空券を提示するだけで利用可能です。

同伴者は有料となりますが、PayPayカードゴールドの家族カードを持っている場合はカードの人数分無料で利用できます。

サービス内容は空港ごとに異なるので、事前にチェックしておきましょう。

最大300万円分の商品補償あり

PayPayカードゴールドには、カードを利用して購入した商品が火災や盗難、破損などにあった場合、最高300万円が補償されるサービスもついています。

これはショッピングガード保険となっており、家族会員も含むPayPayカードゴールドで決済した1万円以上の商品が対象です。

補償は購入から90日以内限定で自己負担3,000円が必要にはなりますが、高額な商品を購入する場合に安心できるサービスです。

PayPayカードゴールドとPayPayカードの違いを比較

PayPayカードゴールドと、PayPayカードの違いを比較しました。

PayPayカードゴールドPayPayカード
年会費11,000円(税込)永年無料
ポイント還元率最大1.5%最大1.0%
クレジット(旧あと払い)
利用時の還元率
最大2.0%最大1.5%
家族カード無料(3枚まで)無料(10枚まで)
ETCカード無料年会費550円(税込)
LYPプレミアム特典ありなし
旅行保険海外旅行傷害保険:最高1億円
国内旅行傷害保険:最高5,000万円
なし
ショッピングガード保険最高300万円なし
スマホ利用料金ソフトバンク:最大10%ポイント付与
ワイモバイル:最大3%ポイント付与
ソフトバンク:最大1.5%ポイント付与
ワイモバイル:最大1%ポイント付与
空港ラウンジ利用無料なし
デザインの種類よこ型よこ型/たて型

PayPayカードゴールドとPayPayカードを比較すると、PayPayカードゴールはポイント付与率や特典が多いことがわかります。

年会費をかけたくない場合はPayPayカードがおすすめですが、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーや旅行に良く行く人はPayPayカードゴールドがおすすめです。

PayPayカードゴールドの申し込み方法は?

PayPayカードゴールドの申し込みは24時間いつでも申し込み可能で、最短2分で完了します。

PayPayカードを持っている場合(切り替え)と、持っていない場合とに分けて紹介します。

PayPayカードを持っている場合

PayPayカードを持っている場合は、クレジット(旧あと払い)を利用している場合としていない場合との2つの方法に分かれます。

クレジット(旧あと払い)を利用中の場合は、アプリホーム画面の「PayPayカード」をタップし、「カード選択」から「PayPayカードゴールド」を選択した画面から申し込みます。

クレジット(旧あと払い)を利用していない場合は、PayPayカードの会員メニューから「カード選択」の後、「PayPayカードゴールド」を選択した画面から申し込み可能です。

PayPayカードからPayPayカードゴールドに切り替えると、手元にあるPayPayカードはPayPayカードゴールド審査完了月の2カ月後の末日に解約となります。

PayPayカードを持っていない場合

PayPayカードゴールドの新規申し込みは、PayPayカードホームページから可能です。

サイトに表示されているQRコードをスマートフォンで読み取り、案内に沿って申し込み情報を入力します。

審査完了後にプラスチック製カード発行

PayPayカードゴールドの審査が完了すると、1週間程度でプラスチック製カードが自宅に届きます。

カードが届いたら、クレジットカード加盟店で利用可能です。

申し込み時に後日郵送での口座設定を選んだ場合は、カード受け取り時に顔写真付きの本人確認書類の提示が必要です。

PayPayカードゴールドのサービスを利用しよう

PayPayカードゴールドは、PayPayカードよりもポイント付与率がアップし、さまざまな特典がついているのが特長です。

年会費は11,000円となりますが、年会費以上に得するケースもあります。

ソフトバンクやワイモバイルユーザーなら毎月の通信料のポイント付与率も高く、効率的にポイントを貯められます。

国内旅行をカード決済したときや、海外旅行に行ったときは旅行保険が適用されるため、旅行好きの人にもおすすめのクレジットカードです。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、ダイナースカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次