MENU

PayPayギフトカードの購入方法は?Amazonギフト券や商品券などをPayPay残高で購入する方法も解説

PayPayギフトカードは、PayPayが発行するコードタイプのギフトカードです。

法人のみが購入でき、オンラインサイトをはじめとするさまざまな場所で支払いに使用できます。

今回は、個人がPayPayを使って贈れるギフトカードやギフト券などを、購入方法とあわせて紹介します。

さらに、個人がPayPayギフトカードを入手する裏技や使い方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

PayPayギフトカードとは

PayPayギフトカードとは、PayPayが発行するコードタイプのギフトを指します。

PayPayギフトカードには、英数字16桁のコードと、コードを埋め込んだURLが記載されています。

金額設定と有効期限

PayPayギフトカードの金額は、1円~100万円で設定されます。

また、PayPayギフトカードの有効期限は、納品日(発行日)から最大180日までです。

PayPayギフトカードはどこで買える?

PayPayギフトカードは、日本国内の法人のみ購入できます。したがって、個人はPayPayギフトカードを購入できません。

しかし、直接購入はできないものの、コンビニやスーパーマーケットなどで入手すること自体は可能です。

PayPayギフトカードの入手方法

個人がPayPayギフトカードを入手する方法は2つあります。

ひとつめは対象商品の購入です。商品についているコードを読み取り応募することで、PayPayギフトカードが手に入ります。

ふたつめは会員登録です。会員登録や対象サービス加入の特典として、PayPayギフトカードがもらえることがあります。

PayPayギフトカードの受け取り方

PayPayギフトカードをPayPayアプリへチャージする方法は2つあり、どちらも簡単です。

QRコードを読み込む

QRコードやURLなどがわかる場合は、QRコードを読み取るかURLをタップすることでポイントがすぐにもらえます。

また、「LINEポイントかPayPayポイントから選べる」などの形式の場合は、どちらをもらうか選び案内に沿って入手します。

PayPayギフトカード番号を登録する

PayPayギフトカード番号が送られてきた場合は、PayPayアプリを使って登録しポイントを受け取ります。

PayPayアプリを開いたら、チャージマーク、ギフトカードマークの順にタップします。ギフトカード番号を入力したら、チャージの完了です。

PayPayギフトカードの使い方

PayPayギフトカードの使用方法を3つご紹介します。

店頭で使用

PayPayギフトカードは、スーパーマーケット・コンビニ・飲食店・ホテルなど非常に多くの店舗で使用できます。

店頭で使用する場合は、PayPayギフトカードを受け取り、ポイントをあらかじめPayPayアプリにチャージしておきます。

商品購入時は、PayPayアプリ上のPayPayアイコンをタップし、表示されたバーコードをスキャンしてもらうことで支払いが完了します。

オンラインサイトで使用

PayPayギフトカードは、PayPayYahoo!ショッピング・Amazon・QOO10などの通販サイトでも使用できます。

オンラインサイトでの支払いに使う際は、店頭で使用するときと同様に、ポイントをあらかじめPayPayアプリ内にチャージをしておきます。

オンラインサイトでの基本的な使い方は、まず支払い方法でPayPayを選択します。

次にPayPayアプリを起動し、支払い画面で「支払う」をタップすることで支払いが完了します。

買取サイトで売却

PayPayギフトカードは、PayPayアプリへチャージする前の状態であれば売却が可能です。

買取サイトにて、PayPayギフトカードのギフトコードなどの情報を入力することで買い取ってもらえます。

ただし、なかには悪質な詐欺サイトもある点には注意が必要です。

買取サイトで売却する場合は、運営会社や古物商許可番号掲載の有無などをよく確認する必要があります。

PayPayギフトカードの注意点

PayPayギフトカードを手に入れる前に知っておきたい注意点をご紹介します。

有効期限は180日

PayPayポイントの有効期限はないことに対し、PayPayギフトカードの有効期限は最大180日までとされています。

PayPayでの支払いや各種キャンペーンにより付与されたPayPayポイントと、PayPayギフトカードで付与されたポイントでは有効期限が異なる点に注意が必要です。

出金は不可

出金とは、銀行口座からPayPayにチャージした残高を指定の銀行口座に振り込み、現金として払い出す機能です。

残高を現金に戻す出金機能は、PayPayポイントでは利用できないことに注意しましょう。

PayPay換金詐欺に注意

換金業者の安全性の確認は難しいことから、PayPay換金詐欺に遭わないためにもPayPay残高を現金化する業者には申し込みしないほうが無難です。

PayPayポイントは銀行口座に出金できないにもかかわらず、なかにはPayPay残高の現金化を謳う業者も存在します。

しかし、PayPay残高を送金しても現金が振り込まれないリスクや、高額な手数料を取られる可能性などがあります。

PayPay残高でギフト券やソーシャルギフトプレゼントする方法

個人の場合、PayPayギフトカードは購入できません。

しかし、現金や銀行口座などからあらかじめチャージしてあるPayPay残高を使い、ギフトカードやソーシャルギフトなどを贈ることは可能です。

PayPay残高で買える商品券やギフト券などをご紹介します。

Yahoo!ショッピング商品券

Yahoo!ショッピングで購入できる商品券です。

さまざまなギフト券が販売されており、JCBギフトカードをはじめJTB旅行券やハーゲンダッツ商品券などが購入できます。

LINEギフト

LINEアプリで購入でき、LINEでつながっている友達に贈れるデジタルギフトです。

コンビニやカフェなどで使用できる電子チケットや、カタログギフトなどがあります。

贈る相手の住所がわからなくてもプレゼントできます。

Gift Pad

Gift Padサイト内で購入できるオンラインカタログギフトです。

結婚祝いや誕生日祝いなどの利用シーンや価格帯、ブランドなどのカテゴリから選べます。

Afternoon Tea

Afternoon Teaサイト内で購入できるソーシャルギフトです。2,900件以上の商品のなかから選べます。

LINEやメールなどを使って贈れるため、贈り先の住所は入力不要です。

Amazon ギフト券

Amazonギフト券を贈りたい場合は、PayPay残高を一度出金することで購入できます。

出金は、銀行口座や現金などからチャージしたPayPay残高のみ可能です。

PayPayギフトカードの購入方法まとめ

PayPayギフトカードを購入できるのは日本国内の法人に限定されています。しかし、PayPay残高を使ってギフトカードをプレゼントする方法は多数あります。

PayPay残高で購入できる商品券やギフト券は豊富にあり、相手の住所が分からなくても贈れるギフトもあります。

PayPayを使って贈り物がしたい人には、ぜひ活用をお勧めします。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ3点以上のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次